目の下のたるみ(黒クマ・目袋)

段階的変化がポイント☆こうすれば目の下の脱脂手術がバレない!?

2017/08/27

長年の悩みだった黒クマ(影クマ)の原因である目の下の目袋を解消すべく、経結膜脱脂術(切らない目の下のたるみとり)に挑んだ私ですが、「何かやった」のは周囲に絶対にバレていないと思います。なぜならば、とーーっても辛辣な実家の身内が、お正月に会ったときに何も言わなかったから。そして幸いにもというべきことなのかわかりませんが、ヒアルロン酸のふくらみが気になる状態が数カ月以上(正しくは1年近く)続いたからです。というわけで、今回は周囲の人々の反応と、バレないために行ったちょっとした工夫をまとめてみました。

身内の女性陣からコメントなし!(驚)

女性の方ならだいたいおわかりいただけるかもしれませんが、身内の女性というものはえてして容赦ありません。会うたびに服装チェックやら体型チェックをされ、どこがどうなったああなっただのくまなくコメントされます。うちの場合は、体型も顔も髪も歯も服も持ち物も全部です!愛されている証拠だとは思っていますが、かなりウザイです・・・

ウルセラやサーマクールで顔やあごや目元がすっきりした後にも家族と会っていたので、「体調を崩してちょっと痩せた」という情報とともに、「痩せた」という印象はあらかじめ植え付られていました。その後に手術をして帰省したところ、「痩せた?ちゃんと食べてるの?」と心配はされたものの、目元の雰囲気が変わったことへの言及は一切ありませんでした。もしかしたら「なんとなく目元がすっきりしたわね」くらいは思っていたのかもしれませんが(でも多分そう思っていたらそう口にするはずなんです、うちの家族の場合)、「顔が痩せた」という印象をあらかじめ強く持っていたせいで、「痩せたから目周りがすっきりした」と片づけていたのかもしれません。私に対して世の中でもっとも厳しくストレートで遠慮のない物言いをする実家の面々が何も言わなかったということは、バレていない確率がかなり高いと信じています。

ちょっとニブすぎ!?家人も全く気付いてない!

実はうちの家人も気付いていません。次々と照射系マシンを試していたことや、手術を決意する前の時期に私が鏡を見てぶつぶつと悩んでいたのは知っているものの、手術を決意したことは話していませんでした。隠そうと思っていたわけではなく、手術の前になったら話すつもりでしたが、私の手術を挟んで10日間という時期の長期出張が決まってしまったので、言わないままになってしまったのです。

出張から戻ってきて何か指摘されたら話すつもりでした。ですが、腫れがMAXな時期に不在だったので、術後のダウンタイムを気づかれることがありませんでした。そもそも、私は基本的に家ではメガネなので、目の下が見えにくい状態です。しかも、出張から戻ってきたのはちょうど腫れが落ち着いた頃だったのですが、消えた目袋の代わりにお出ましになったヒアルロン酸のふくらみがちょっぴり主張してくれていたので、多分何も感じなかったのではないでしょうか。結局、そのまま何も言われずに今に至ります。「何やら高価なレーザー治療なるものをときどきやっているらしい」というのは知っているので、何か変化を感じてもそのせいだと思っているような気がします。

周囲からは「痩せた?」のコメント多数(ただし手術前)

周囲の人にもおそらくバレていないと思います。「そう思っているのは私だけ」かもしれませんが・・・。まず、ちょうどよい時期に、ちょっとだけ胃腸の調子が悪くなりました。食べるのを控えたのが、結果的にダイエットにつながり、少しですが印象がすっきりしました。

「痩せた?」と時折言われるようになった頃、ウルセラとサーマクールアイをやって目の下のクマが幾分マシになると、さらに「痩せたね」「顔がすっきりしたね?」と言われることが増えました。その頃はまだ目の下のたるみとりの手術を決意していなかったので、「バレないための対策」として行っていたわけではないのですが、手術を申し込んだときに、ちょっと痩せたという事実を利用しない手はない!と考えました。

私が何をしたかというと、「痩せた?」発言をしてくれたら毎回必ず、「体調こわしちゃって暴飲暴食をやめたせいかダイエットになっちゃって~!」とアピールすることにしました。そうやって周知しておけば、後で顔や目元がすっきりしても「そういえば体調崩して痩せたって言ってたね」と思ってくれる確率が高いと思ったからです。

そして、かなりのロングバケーションを取得しました。周囲には「旅行します」と伝え、実際に旅行した後で、手術をしました。実際に旅行して本物の旅行エピソードも用意してお土産も配っておけば、顔の印象が少し変わったくらいでは、「整形のための休暇?」とは思われにくいですよね。反対に、長期休暇をとったのに旅行も帰省も何もしていない、そして顔の印象がなんか違うとなると、疑われる確率が増えると思いませんか?

ダイエット→ウルセラ・サーマクール→旅行→手術でバレない!?

というわけで、私の場合、幸運にも以下のような段取りを踏めたので「ある日突然目の下がフラット!」にという状態にはなりませんでした。そのため、おそらく「バレてない」と自分では感じています。

★体調を崩してちょっとスリムになった
 ↓
★ウルセラ・サーマクールアイで顔も目周りもすっきりした
 ↓
★わりと長期休暇をとって旅行した(整形のための休暇という印象を払拭)
 ↓
★手術もした
 ↓
★ダウンタイムがしっかり治まってから復帰
 ↓
★ヒアルロン酸のふくらみ問題が1年近くあったので、すぐに目の下がフラットになったわけではないのも幸いしているかもしれない!?

<まとめ>先に痩せておくのが吉かも

とはいえ、誰もが上記のような段取りを踏めるわけではありませんよね。私が胃腸の調子を崩したり、手術後もヒアルロン酸のせいで目の下のふくらみが気になる状態だったりしたのは本当に偶然ですし・・・。手術をするとわかっているのに事前に目元のウルセラやサーマクールをするのはもったいないと感じる方も多いでしょう。(※私の場合は、手術をするという決断をする前に、たるみによる影クマを本気でなくしたくてウルセラとサーマクールをしました)

少しだけアドバイスができるとすれば、事前にダイエットなどで痩せておき、周囲から「顔がすっきりしたね」というコメントを引き出しておくと、その後で目元がスッキリしてもバレにくいのではないかと思います。

もし、「ちょっとだけ目元のウルセラやサーマを試してみたいな~」という気持ちがある方なら、トライしてみるのもよいかもしれません。それで満足すれば手術代は要りませんし、満足しなくても多少の効果があれば(私の場合はかなりの効果があったので)いきなり手術でフラットになる前に少しだけ改善しておくという意味で、「手術がバレないためのアリバイづくり」になると割り切れます。そして、長めの休暇をとり、旅行もした上で手術をすると、さらにバレにくくなるかもしれません。

手術の後に万一「目の下のふくらみが突然なくなったね」とストレートなコメントをもらってしまったら、「いいレーザーがあるの♪」と切り返してもよいのではないでしょうか。【画像有】目の下のたるみクマへのウルセラ&サーマクールアイの効果でご紹介したように、ウルセラやサーマクールアイには、私のクマが右目はほぼ消滅、左目も半減するくらいの効果が実際にあるのですから。

皆さまのご健闘を祈ります!

スポンサーリンク

-目の下のたるみ(黒クマ・目袋)

このサイトにはGoogleやGoogleのパートナーウェブサイト(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しています。Cookieを使用し、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトを含めた過去のアクセス情報(氏名・住所・メール アドレス・電話番号は含まれません)に基づいて配信する場合があります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法は、次のURLをご覧下さい。https://www.google.co.jp/policies/technologies/ads/