目の下のクマ(目袋)を除去したオペやその後をご紹介
スポンサーリンク

どんな香り?いい匂い?柔軟剤IROKA(イロカ)をレビュー

オンナモノ・オンナゴト

【口コミ・レビュー】花王の透明なプレミアム柔軟剤IROKA(イロカ)の全種類の香り(2024年7月時点で全5種)ネイキッドリリー、ハンサムリーフ、ナチュラルブリーズ、ブリリアントブーケ、ホーリージャスミンについて、香りの強さや持続感などの比較、私の感想をレポします。私の選び方やおすすめもご紹介。どの香りがよいか迷っている方のご参考になればうれしいです。新しい香りが出たら追加するかもしれません!
※香りの感覚は個人差が大きいので、ゆるやかにご参考になさっていただければ幸いです。

スポンサーリンク

私の柔軟剤選びについて

香水では甘くてフルーティーな香りが好き。柔軟剤はそれほど考えて選びはしないものの、単純なフラワリーではなく甘さのある香りが好きなようです。長らく愛用していた花王ハミングのフレアフレグランスでは、香りの展開が定期的に変わりますが、黒っぽくダークな色のボトル(ドレッシー&ベリーやリッチフローラル)を選ぶことが多かったです。

その後、店頭で嗅いでけっこう好きだと感じたランドリンのNo.7(ほのかな甘みと透明感のあるオーシャングリーンミックスの香り)を何気なく購入。今は店頭に置かれているランドリンは一番人気のクラシックフローラルと新しいお茶シリーズくらいになりましたが、この頃はランドリンのベーシックな香りが複数嗅げたのです。No.7を使ってみて、洗濯機をまわすと立ち上るいい香りは気に入っていましたが、衣類にはほとんど残らないなーと感じていました。そういった口コミを見かけたこともあるので、同じように感じている方も多そうです。

というわけで、高級感があり香りをしっかり楽しめるほかの柔軟剤も使ってみたいと思い、IROKA(イロカ)のブリリアントブーケに手を出してしまいます。ところが、全部の香りを店頭では嗅げず、えいやっ!と勢いで全部の香りを買ってしまったので、違いや感想をレポしてみます。

※一世を風靡?したダウニーを使ったことは一度もありません。
※香りをブレンドするような使用法は面倒なので興味がありません。
※柔軟剤はタオルやパジャマの洗濯には使わず、外出着のみに使う習慣です。

スポンサーリンク

IROKA(イロカ)とは

「透明なプレミアム柔軟剤」をうたう、花王の上位ブランドの柔軟剤です。ほかのブランドの柔軟剤よりも上質感がある香りを楽しめます。柔軟剤の液体は透明です。

高級柔軟剤はいろんな消費財メーカーから出ていますが、私は日用品は特に理由がなければ日本のメーカーから優先的に選ぶので、なんとなく花王のイロカになっちゃいました。過去に使ってきた洗剤も花王かライオンが多いです。

素肌のあたたかさを想わせる「ピュアムスク*1」と、香水には欠かせない「アンバー」を贅沢*2に使用。香水のように上質、なのに透明感あふれるその香りは、あなたらしい美しさを、上品にさりげなく引き立てる。
*1 天然ムスク香気の主成分と同構造の1-Muscone
*2 花王柔軟剤内での比較

ネイキッドリリーの香り

上品な透明感あふれる美しさ
さわやかなウォータリーグリーンにリリー、マグノリアの花々を重ねた透明感のある、やわらかな香り。

おそらく一番人気の香り。ほとんどのドラッグストアでボトルと詰め替えパウチの両方が置かれています。

香水のような香りですが重くなくクリア。まさに説明のような「透明感」があります。なんというか、IROKAの中では「きれいなお姉さん」な立ち位置の香りでしょうか。

後のブリリアントブーケの香りでも触れていますが、この2つの香りはよく似た系統で、ブリリアントブーケのほうが華やかで洗濯中の香り立ちも衣類の残り香も強め。誰にでも好まれやすいやさしくてよい香りを求めているなら定番人気のネイキッドリリーがおすすめ。せっかくIROKAを買うのだから香りをしっかり楽しみたいと思う方はブリリアントブーケも検討する余地ありです。

ハンサムリーフの香り

芯のある凛とした美しさ
フレッシュなリーフィ、アップルに奥深いムスク、アンバーを重ねた凛とした、ユニセックスな香り。

説明の「ユニセックス」や名前の「ハンサム」から、男性も意識していると明らかにわかる香りです。「甘くないから好き」「おっさんの整髪料」「男性も使えて大好き」といった口コミをよく目にしましたが、私の感覚ではトニック臭のようなおっさんくさい男性感というより、おしゃれに気を遣う大人の男性がつけている香水のような香り。でも女性がつけてもおかしくないなと思えるくらいに甘さもある香りです。口コミの情報や名前の印象よりもけっこう甘いなと私は思いました。

とはいえメンズっぽくないかというとそうではなく、ムスクやアンバーの濃厚さやスパイシー感があります。ちょっと奥行のある香りかな。洗濯中もしっかりめに香り、IROKAの中では持続感があるほうです。干した後の衣類からはメンズっぽさやスパイシー感が漂い、ただし衣類を鼻に近づけてクンクンすると濃厚で甘い。好き嫌いが分かれる香りかもしれません。私がそうだったのですが、「きっと男っぽいだろうからハンサムリーフは最初から検討外」としていました。そう判断するにはもったいない香りだなと思います。

ナチュラルブリーズの香り

飾らない自然体の美しさ
ホワイトフローラルの心地よさにみずみずしいアクアノートを重ねた澄みわたる、クリアな香り。

ランドリンのNo.7(ほのかな甘みと透明感のあるオーシャングリーンミックスの香り)が好きだった私には大本命でした。シトラスが入っていて甘さもありそうで、店頭で嗅いだときにも私の好きなタイプの香りだと感じたからです。

だがしかし!洗濯機に入れるときまでは好みの香りを嗅げてうれしかったのですが、洗濯中の香り立ちや干した後の残り香はけっこう控えめ。このおだやかさをよしとするか、物足りないとするかで評価が分かれそうな香りです。

ブリリアントブーケの香り

きらめく華のある美しさ
甘美なピンクフローラルにペアー、ピーチのフルーティーさを重ねたきらめく、華やかな香り。

ナチュラルブリーズが本命だったので、このブリリアントブーケには期待していませんでした。ですが実際に使ってみたら、華やかな香水っぽさが楽しめて、なんというかそういう香りとして完成されているなと感じました。いわゆる「香水っぽい」フレグランスで、人によっては「デパートの化粧品売り場のにおいみたい」と感じるかもしれませんが、マダムっぽさまではぎりぎりいかない程度の香水っぽさだと思います。

ネイキッドリリーと同系統で、別のタイミングで嗅ぐと区別がつきにくいほど似ています。ただ、洗濯機を回している間に立ち込める香りや洗った後の残り香の強さはブリリアントブーケ>ネイキッドリリーだと感じました。ネイキッドリリーが「きれいなお姉さん」ならば、ブリリアントブーケは「ちょっと華やかで美人なお姉さん」かな。香りを楽しみたくてIROKAに手を出した私としては、ブリリアントブーケが好きです。

ホーリージャスミンの香り

東洋の祈りの花 香り高く生まれ変わる
上品に広がるジャスミンにすっきりとしたユーカリが調和した清らかで洗練された香り。

ウェルシアグループ限定の香り。総じておだやかで、洗いあがりの残り香も本当に控えめ。鼻を近づけてクンクンすると、もともとが控えめなのでかすかにしか感じませんが、強いて言えばお線香っぽい香りがします。よく言えば奥ゆかしい和の香りでしょうか。「東洋の祈りの花」という説明どおりですね。

香りを楽しみたくてIROKAを使う私としてはホーリージャスミンの支持度は低いです。

IROKAを勝手にランキング

1位:ブリリアントブーケ
2位:ハンサムリーフ
3位:ナチュラルブリーズ
4位:ネイキッドリリー
圏外:ホーリージャスミン

上記は、IROKAではしっかり香りを楽しみたい私の個人的好みに基づいたおすすめランキングです。私と好みが違う方は、一番人気で幅広く好まれそうなネイキッドリリーからまず試すのをおすすめします。

私のランキング1位のブリリアントブーケはIROKAの中ではザ・香水で残り香もしっかりめ。これを使って洗ったお洋服を着て出かけて「いいにおいー」と言われたこともあります。香りとして一番好きなのは3位のナチュラルブリーズなのですが、香らないので私にとってはIROKAとして買う意味が少なく、どんぴしゃで好みではないもののこれはこれでできあがってるなーと感じた2位のハンサムリーフのほうが価値を感じました。そして、ネイキッドリリーを選ぶならば、よく似ているブリリアントブーケに軍配。ホーリージャスミンはぼやぼやした控えめな香りなので別にIROKAじゃなくてもいいよねと思った次第です。

タイトルとURLをコピーしました