目の下のクマ(目袋)を除去したオペやその後をご紹介
スポンサーリンク

もはや口紅!ちゃんと色づくリップドレスティント4色を比較

-リップ・口紅

【スウォッチ画像有・コスメ口コミ】「口紅がいらない薬用ティントリップ」が気に入り、近江兄弟社のHPを見ていたら、よく似たリップを見つけたので買ってみました!スウォッチ画像や感想をご紹介します!口紅がいらない薬用ティントリップとの違いも!

「口紅がいらない薬用ティントリップ」の記事はこちら↓です

スポンサーリンク

リップドレスティント基本情報

SPF20のUVカット効果があり、長持ちしてうるおい成分も配合されています。口紅がいらない薬用ティントリップとそんなに変わらない特長です。

艶やかに発色 キレイ色1日続く
時間がたっても色が残り、発色もアップ。明るく華やかな印象に。

うるおい成分スクワランオイル、ホホバオイル、シアバター配合。
乾燥唇にも“するする”なじむ、オイルリッチなつけ心地。
ティント処方で色が残り、さらに血色感プラス、くすみカバー。
無香料。SPF20。

2022年4月の時点ではHPに掲載されているのは4色です。左から、ピンクベージュ、レッド、ブラウンレッド、ボルドーです。以前からもあった商品ですが、リニューアルされているのか、パッケージが違います。今のパッケージは以前より大人っぽい雰囲気です。

やわらかいので、繰り出しすぎ注意!のシールが貼られています。

スポンサーリンク

口紅がいらない薬用ティントリップとの違い

上段が「口紅がいらない薬用ティントリップ(旧品含む)」、下段が今回この記事で取り上げている「リップドレス」です。リップドレスのパッケージほうが、その名前の雰囲気からもわかるように、おめかし感があり、大人っぽいですね。そして落ち着いたダークな色展開に見えます。それに比べると上段の口紅がいらない薬用ティントリップは、いわゆるリップクリームっぽい雰囲気が強いようです。

明らかな違いは、リップクリームそのものの部分です。口紅がいらない薬用ティントリップは中身が白で塗ると色が変わります。対してリップドレスはリップクリーム部分に口紅のように最初から色があります。

また、口紅がいらない薬用ティントリップには、パッケージ裏面に「メンターム」という記載があるのですが、リップドレスには見つけられませんでした。このことに意味があるのかないのかは私にはわかりません。

リップドレス4色のスウォッチ画像

左から、ピンクベージュ、レッド、ブラウンレッド、ボルドーです。1色につき2カ所ずつ塗っています。左が2回ほど重ね、右がぐりぐりぐりと数回重ねています。しっかりした色づきです。

「時間が経つと発色アップ」と書いてあったので、数十分後に撮影しました。口紅がいらない薬用ティントリップほど発色の大きな変化はありませんでした。

上の状態からティッシュオフしてみました。こすってはいませんが、ティッシュを置き、しっかりおさえてからはがしました。けっこう残っています。

この画像はティッシュオフする前。塗りたてです。ツヤ感をお伝えできるよう、角度を変えて撮ってみました。乾いた感は少ない見え方です。

実際に塗ってみた感想

リップクリームでは、いくら色つきと謳っていても、物足りないものが多いのに、リップドレスはもはや口紅クラスの色づきでびっくりしました。

同じ近江兄弟社が出している「口紅がいらない薬用ティントリップ」は明るめのピンク系の展開ですが、もっと深くて濃い色付きを求める人にはこちらのリップドレスのほうが向いていそうです。

イエベ春、セカンドがブルベ夏の私の好みでは左のピンクベージュ一択だろうと思っていたのですが、塗ってみると意外にもレッドのほうが明るくて健康そうな血色感もあり、気に入りました。これからは飲食の約束がある日にはお安いティントリップにどんどん頼ろうと思います。

タイトルとURLをコピーしました