-リップ・口紅 コスメレビュー

とろけてクリア!コスメデコルテ新メイクラインのザ・ルージュ

2019/11/30


コスメデコルテのメイクが新しくなると知り、いくつか予約をして、先日引き取ってきました。まずはリップからご紹介します。PK852、明るいコーラルピンクです。旧ラインのリップの記事は以下にあります。

透けてるようで透けてない!黒ずみバレないコスメデコルテの口紅

見よ!このツヤツヤ感


開けた瞬間に「お!」と声が出そうなほど、ツヤツヤなテクスチャー。旧ラインと比べてとにかくやわらかくしっとり密着する塗り心地になっているそうです。心ときめいてしまいます。実際に塗ってみると、するする~っと伸びて、まるでリップクリームのよう。1度塗りだとちょっと物足りないほどのシアーさですが、重ねると明るく発色してくれます。

まずはPK852をチョイス

実は試し塗りもせずに決めました。旧ラインの口紅の中の好きな色を伝え、「似た色で」とお願いしたところ、ご提案くださったのが、このPK852でした。というわけで、旧リップのコーラルピンク系と比べてみますね。


他人が見たら違いがわからないであろう、同じようなコーラルピンク群です。1色につき2箇所ずつ塗っていますが、右のほうがぐりぐりと重ね塗りをしたときの色です。

旧PK857が若干青みがあってぱきっとした色なのはわかりますね。実際にPK852をつけてみると、まろやかに密着する感じが心地よい。しかしシアーなせいか、見た目の印象よりもかなり大人しめにやさしく発色します。どこにでも安心してつけていける無難なピンクです。

次にPK851にトライ

PK852が少し物足りなかったのと、もう少~~しだけ青みがあるパキッとしたピンクをつけたいと感じたため、PK851も購入しました。私は青みが強いピンクは似合いませんが、少しくらいの青みなら「似合う」と感じる色も多いです。PK851は初見だと選ぶのに躊躇していたかもしれない色ですが、色出しが大人しめだとわかったので、大丈夫であろうと判断しました。


左がPK851、右がPK852です。この写真だとどちらも鮮やかですが、実物は右のPK852のほうがくすんで見えます。すごくくすんでいるというわけではなくて、PK851と並べると色の勢いが違うという意味です。


左がPK851、右がPK852です。1色につき2か所ずつ塗っていますが、右のほうがぐりぐりと重ね塗りをしたときの色です。左のPK851がけっこう鮮やか!ですが、唇に乗せるとやはり控えめ発色になり、もうちょっとだけ鮮やかに出るといいのにな~と感じています。

BE857も!

ピンク系ばかりなので落ち着いたベージュ系もほしくなりました。旧ラインで購入したベージュが地味すぎて活躍できていないので、顔色が悪くならない程度に適度に赤味の入ったベージュをとお願いしておすすめしていただいた中から、BE857を選びました。


新品のときのこのツヤッツヤ感に心ときめきます。


色味の系統がだいぶ違うのであまり参考になりませんが、旧BE350との比較です。新BE857は赤みがあるベージュなので、エイジングが気になる私の顔を暗くしすぎず、いい感じです。今日はピンクじゃないという気分の日に使おうと思います。

スポンサーリンク

--リップ・口紅, コスメレビュー

このサイトにはGoogleやGoogleのパートナーウェブサイト(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しています。Cookieを使用し、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトを含めた過去のアクセス情報(氏名・住所・メール アドレス・電話番号は含まれません)に基づいて配信する場合があります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法は、次のURLをご覧下さい。https://www.google.co.jp/policies/technologies/ads/