2021.7 マスク記事にピーチメルバとシュガーピンク追加
スポンサーリンク

コスメデコルテAQMWの人気フェイスパウダーを色比較

-ベースメイク

【スウォッチ画像有・コスメ口コミ】クリスマスキットをそれほど熱心にチェックするほうではないのですが、コスメデコルテの人気のフェイスパウダーと小さなパウダーケースも気になり、「コスメデコルテ AQMW フェイスパウダー エターナルブーケ」(税抜価格5,500円)を買いました!キットに入っていた03番shimmering bouquet(限定)と11番luminary ivory、後でゲットした80番のglow pinkの色の違いがわかる画像とともに感想をご紹介します。

スポンサーリンク

03番shimmering bouquet(限定)と11番luminary ivoryを同時ゲット

クリスマスキットで、2種類のパウダーをお得にゲットできちゃいました。左が11番luminary ivory(現品)とミニサイズの03番shimmering bouquet(限定)です。

AQMW フェイスパウダー エターナルブーケ基本情報

5000円の現品のパウダー(左)に限定品のコンパクト入りパウダー(右)がついて5,500円ということになりますね。このクリスマスキットの内容を一応以下に整理してみます。

★赤いおリボンのかかった筒形のボックス
私には使い道が思い浮かばなかったので捨てました。ごめんなさい・・・

★AQMW フェイスパウダー(本品)
11番のluminary ivoryもしくは80番のglow pinkから好きな色を選べます。どちらも既存のカラーです。5,000円(税抜価格)の現品が入っています。

★AQMW フェイスパウダー コンパクトタイプ(限定品)
03番のshimmering bouquetという「透明感のある清らかな肌に仕上げるパープル」がコンパクトに入っています。こちらは限定デザインのミニサイズのコンパクトでカラーも限定色です。

03番shimmering bouquet

化粧直し用の普段の持ち歩きとして、プレストパウダーを使っています。でも本当はパウダータイプを持ち歩きたいと思っていたのです。以前、お粉が入る小さなケースを他のメーカーで試したことがありましたが、気に入りませんでした。今回ふと目にしたこのコスメデコルテのキットに小さなコンパクトタイプのパウダーがついていると知り、予約しました。


立体的でデコラティブなデザインのフタが特徴的です。デザインを追求すると仕方ないのかもしれませんが、思ったよりコンパクトではない印象です。


フタを開けるとフタの重みでフタ側に転倒しちゃいました。出先では手に持って使うでしょうから、フタを開けてどこかに置くというシーンは少ないはずですが、念のため要注意です。


中身は薄~いラベンダーのパウダーです。この色が苦手な方や使い終えた場合は他のパウダーを入れてもいいですね。


ラメがチラチラしますが、顔に乗せると気になりません。現在、ポーチに入れてお直し用に使っています。でもちょっとかさばるので超お気に入りというわけではなく。数日間の旅行に持っていくとちょうどよいのかなと思い始めています。

11番luminary ivory


現在、SUQQUのオイルリッチグロウルースパウダーを使っています。濡れたようなツヤを求めてパウダーを探したとき、コスメデコルテのパウダーも試したのですが、実は却下しています。

濡れツヤ肌になれる?スックのオイルリッチグロウルースパウダー
ずーーーーーっとルナソルのルースパウダーを使っていました。よく覚えていないのですが、10年くらいかも。ちなみに化粧直し用もルナソル(のプレストパウダー)でしたが最近キッカに乗り換え済みです。ある日突然物足りなくなったルナソルもともとルナソル

だからこのパウダーのほうはとてもほしい!というわけではなく、でもとても人気みたいだし試してみたいかな~という気持ちでした。色は自分では決められなくて、ツヤや透明感がほしいと店員さんに伝えて選んでもらいました。ツヤや透明感を求めるなら80番よりも11番のほうがいいのかなと直感で思っていたところ、店員さんも11番をおすすめしてくださったのでスムーズに決まりました。「実際、つけたときの色はあんまり変わらないんですよ」と言われたので、80番をつけても自分にしかわからない微妙な差だったような気もしますが・・・。

スポンサーリンク

80番grow pink

11番の塗り心地を試そうかと思っていたところに、新メイクラインの予約特典として80番grow pinkをいただいちゃいました!ミニサイズなので持ち歩きによさそう!うれしいです。

人気の11番と80番の違い


せっかくなので11番と80番を比較してみます。粉がこぼれていますがお見逃しください。80番が思いのほかドピンクでびっくりです。しかし私の肌には血色を足すピンクが必要だと感じていて下地にもピンク味を重視しているので、コフレでは80番を選んでもよかったかもしれないという思いがよぎりました。



パフにとらずに指先にとって多めの量をこすりつけています。これくらいつけると違いが少しわかりますね。

11番を使ってみた感想


お気に入りのSUQQUのオイルリッチグロウルースパウダーの合間にコスメデコルテを使ってみました。まずは11番から。

うーん、せっかく下地で出したツヤがなくなってしまう気がします。ツヤや透明感が出ると言われたけど、私が求めるツヤよりはマットなんですよね。ツヤツヤになりたい私は現在のところスック一辺倒なのでコスメデコルテへの乗り換えはないかな。

ただし、スックの感想で書いたように、スックはパウダーそのものがしっとりしているゆえ、ザツにつけるとパウダーのかたまりが顔に残る場合があるので、さらっとしたい夏場はコスメデコルテでもよいのかもしれません。肌そのものがジトっとしていそうですしね。

80番を使ってみた感想


顔に乗せると赤みが気になるということはありませんでした。でも、ツヤツヤを求める私には、粉っぽくてマットに感じてしまうんです。とても評判がいいフェイスパウダーなので期待していたのですが・・・残念。コスメデコルテのフェイスパウダーはツヤがあるとされているようで、期待をしていたせいか、私には粉っぽく感じました。

タイトルとURLをコピーしました