2021.7 マスク記事にピーチメルバとシュガーピンク追加
スポンサーリンク

混ぜずに一色ずつ使ってます♪SUQQUのリタッチプレストパウダー

-ベースメイク

【スウォッチ画像有・コスメ口コミ】持ち歩きのお直し用に特化したスックのリタッチプレストパウダー。02グロウのスウォッチ画像や感想、私の使い方などをご紹介します。

スポンサーリンク

リタッチプレストパウダー基本情報

スックのリタッチプレストパウダーは、「持ち歩く」「携帯」「リタッチ」という説明からわかるように、とにかくお直し専用だと主張しまくりのパウダーです。2019年の新発売後すぐに買ったのにブログに書くのを忘れてました・・・。かなり遅い記事公開となります。

ひと刷けが叶える洗練、清潔な光。極薄の艶のヴェールを持ち歩く、プレストパウダー。単色のリタッチパウダー×4色のカラービーズパウダーを、極薄のコンパクトに。ソフトフォーカスフィルターで、肌のくもりと皮脂によるテカリを一掃。清潔な肌印象に。4色ビーズパウダーによる、シアーカラーフィルター効果で、くすみを一掃。さらに血色感をプラスし、粉っぽさを感じさせにくい自然な艶感をプラス。大人のお守りとして携帯したい、カバーと輝きを一瞬で叶えるリタッチアイテム。

大人のツヤ肌づくりが得意なスックからお直し専用のコンパクトが出ると知ってとても気になっていました。事前にカウンターで実物チェックをして、「粉っぽくないのがいい」「とにかくツヤがほしい」と伝えたところ、02グロウをすすめられました。私の目で見ても、他の色は白いかなと感じたので、新発売時は限定色も展開されていましたが、定番色の02グロウに決めました。

2色仕立てのプレストパウダー

上の段が単色のリタッチパウダー。下の段が4色のカラービーズパウダー。何度もお店で使い方を質問しましたが、決して「単独それぞれでも使えます」というお答えはいただけず、「混ぜて使ってください」でした。

贅沢な幅広ブラシ付き

薄いコンパクトケースにちゃんと幅広ブラシが入っています。余談ですが以前スックでセットされているブラシの別売りがないか聞いてみたら「ない」と言われて驚きました。私はブラシを頻繁に替えたい派なのです。こんなに高価な商品なのにブラシがないのか~と意外でした。

携帯向きの薄いコンパクト

スックのチークもそうなのですが、とにかくケースが極薄なんですよね。荷物を少なくしたいタイプでわりと外泊が頻繁にある私にはとっても便利です。

スポンサーリンク

スウォッチ画像

夜の室内

混ぜ混ぜミックスしてブラシで塗ってみました。わりと光って見えますが、夜の室内で照明の当たり方の影響もあります。オイルリッチグロウルースパウダーのようなツヤ感を想像していると、ちょっと期待はずれかもしれません。

指でとってみた

けっこう粉っぽいです。ハイライト的なメタリック感はありません。

昼の室内

上下を分けて別々に塗ってみました。指で何度かごしごしと塗り付けています。

こちらも上下それぞれを塗っています。ただし今回はブラシにとってたっぷりめの量を塗っています。上の単色リタッチパウダーは白っぽくて、ツヤは感じません。下の4色カラービーズはこの写真ではわかりづらいですが、光の加減によってはツヤっとしています。

強い照明の下

上下別々にブラシで塗り、家の中で強めの照明の下で写してみました。下のほうがキラっとしているのが伝わればと思ったのですが、伝わりにくいですね・・・

私の使い方

店頭での使い方の説明にまっこうから反して、上と下のパウダーを別々に使っています。2つのパウダーが極薄ケースに入っていると思えば、本当に携帯向き。荷物を減らしたい日のお直し用として持って出かけることもあります。

上の単色プレストパウダー

私は普段はUV下地まででベースメイクを終えますが、人に会うからいつもよりちゃんとしたいという日や、単に時間が余ってメイクの工程を増やしたいという日に、鼻の毛穴部分のみさらっと何か乗せます。そのときのパウダーとして上の単色リタッチパウダーを使っています。ツヤ感のないパウダーだからこそ小鼻あたりにちょうどよいのです。これを持って出た日は、外出先でも同じように使います。

下の4色カラービーズパウダー

この使い方をするのは、荷物を少なくしたい日の外出先でのお直し時のみです。下の4色カラービーズパウダー部分だけを目の下のハイライトとして使います。上でご紹介した写真にはツヤ感が出ていないものも多いですが、最初の夜の室内では、ミックスしたパウダーがそれなりに光っていますよね。つまり、4色カラービーズパウダーだけをしっかり塗れば、それなりに光沢は出るのです。家を出るときに一応のハイライトは仕込んでいるので、その上にお直しで乗せる用と思えば、役目を果たしてくれます。

ディオールのピンクグロウと比較

手の甲に縦方向に2色を塗っています。左側がディオールスキン ミネラル ヌード ルミナイザー パウダーの002番ピンクグロウ、右側がスックのリタッチプレストパウダーの02グロウです。ディオールのほうがゴールドのツヤが強く、スックよりギラっとしています。

タイトルとURLをコピーしました