2021.8 シュウのアイシャドウ記事に新色追加
スポンサーリンク

一軍にはならなかったけど活用しているスックの人気チーク06春菫

-チーク

【スウォッチ画像有・コスメ口コミ】SUQQUピュアカラーブラッシュの06春菫-HARUSUMIREのスウォッチ画像や感想をお届けします。色や質感のご参考にどうそ。

スポンサーリンク

ピュアカラーブラッシュ基本情報

2色のグラデーションに多くの女子が「美しい!」と息をのんだであろうスックのピュアカラーブラッシュ。私も持っているのですが、すっかり日常化してなじんでいるため記事にするのを忘れていました。最近スマホの画像を整理していて、このチークは2016年8月に新発売されており、私は2年後に購入しているようです。私は当初からの人気色である06番の春菫-HARUSUMIREを買いました。

グラデーションが織りなす、高純度の発色と冴え渡る艶。
透明感と立体感を与え、大人の表情を明るくモダンに彩ります。

ブラシを左右に動かして2色を混ぜ、頬骨から外側に向かって入れます。
お好みで混ぜる配分を変えたり、混ぜずに単色でも使えます。
また右側のコントロールカラーはハイライトとして立体感を出したり、チークカラーの境目をぼかすように重ねると自然に仕上がります。

スポンサーリンク

意外とイエベ向き

商品写真などを見たイメージではブルベ向きのイメージがありました。特に右のコントロールカラーがパープルがかっているのでそう見えるのだと思います。実物を見るとチークカラーのほうはわずかにコーラルがかっているので、意外にイエベ向きだと感じました。プレスは硬め。減りが少ないです。よーく見るとチラチラとラメが入っています。でも肌に乗せるとラメとしてわかるほどのラメ感はないです。

薄いから携帯に本当に便利

リタッチパウダーもそうなのですが、スックのケースの薄さは神!お泊りや持ち歩きで荷物を減らしたいときは本当に助かります。この携帯性に甘える私は、本来なら一軍アイテムの実力があるのに携帯コスメとして扱いがちな気もします。

スウォッチ画像

左のチークカラーだけ、右のコントロールカラーだけをそれぞれぐりぐりぐりとブラシで何度も塗りつけました。わかりづらいですがチークカラーの右には、白っぽいコントロールカラーが並んでいます。商品説明にツヤと書かれていますが、あまりにもツヤを期待しているとちょっと違うかも。上品なツヤです。じゅわっとしっとり!という感じではないですが、粉っぽくもなく、ほんわりつきます。

このチークを朝メイクに使うときは、チークカラーをつけた後、右のコントロールカラーでチークのふちを囲う感じでざっとなじませています。ただ、私はしっとり濡れツヤ肌が好みなので、もっとわかりやすい濡れツヤが好き。よって、クリームチークを使うことが多く、スックのチークは「とりあえずお直しが必要になったときのために」とか「荷物を少なくしたいとき」などに携帯しています。

最近のマスクメイクではハイライトやチークをパウダーに戻すこともあるので、そんな日は朝のメイクからこのスックが登場します。

気になることはブラシ関係

もともとが上質ですし、薄くてコンパクトなので、お直し用としての役割も立派に果たしてくれていますが、気になるのがブラシの毛抜けです。スックのプレストも持っているのですが、そちらもけっこう抜けます。

それと、スックは結構なお値段なのでもう少し幅広の贅沢なブラシにしてほしいです。ブラシを頻繁に替えたい私は、ブラシが別売りされていないのもずっと気になっていて小さなストレスです。普通ならブラシだけを他ブランドで探すという選択もありますが、スックはケースがとても薄いので、このケースに格納できる薄さのブラシが少なそう。だからこそブラシを用意してほしいなと思います。

タイトルとURLをコピーしました