顔のたるみ(頬・あご)

厳しい身内から立て続けに「やせた?」と言われたウルトラアクセント

2020/05/26

こんにちは。真坂たる美です。顔やせに励むようになった私がエステサロンの次に足を踏み入れたのは、クリニックでした。今回はその手始めとして試した「ウルトラアクセント」の口コミを書こうと思います。

ウルトラアクセントってどんな施術?

私の記憶が正しければ、ウルトラアクセントはクリニック(医療機関)でのみ受けられる施術です。「ウルトラアクセントV」とか「顔用ウルトラアクセント」などと呼ばれている場合もあるようです。似たような名前でもリフトする「糸」を指す名前のこともあるので、もし探されるときは注意してくださいね。

施術の手順は大きく2段階に分けられ、(1)超音波で脂肪細胞だけを破壊し、(2)RF(高周波)により脂肪細胞の排出を促して肌を引き締めるというものです。美容医療のレーザーのうち、よく聞く超音波とRFの2つの効果を受けることができる、画期的でお得な施術といえます。

ハンドピースを使い分けることで行われ、(2)はテノールによって行われます。テノールとは、出力が弱いバージョンがエステではサーモシェイプと呼ばれている施術ですね。

お試し価格を活用して数軒でトライ!

この頃の私は、ウルセラやサーマクールという高額医療は自分とは無縁と思っていました。エステの回数券を買うのも一大決心。ウルトラアクセントのように1回1万円を超す施術にはかなりの決意が必要でした。ですが、脂肪細胞を破壊とはっきり書いてあることやダウンタイムがないことなどに惹かれ、考え抜いた末にウルトラアクセントをやってみようと決断。お試し価格でお得に受けられるクリニックを何軒か回り、その後、とある1件にリピートをしました。

おすすめされなかったクリニックも!

どのクリニックも最初は医師の診察があり、その後は医師の指示に従って看護師さんかスタッフの方が施術してくれました。一軒のみ、「え、ウルトラアクセント(を希望してるの)?」と驚かれ、その理由を先生は言葉を選びながら説明してくれました。わかりやすく言うと、「ウルトラアクセントはもっと太っている人がするもので、あなた程度の人には必要ない」というものでした。

「でもやりたい」「最近顔が太った」「あごを引くとすごい二重あごになる」「目の下のクマも気になる」と話すと、ほかの引き上げ系(同価格程度のレーザー照射系)をすすめてくれましたが、私は当初の希望通りウルトラアクセントをお願いしました。

どこに当てるかを決める際も、「ほおや口の周りは痩せさせないほうがよい。歳をとると後悔するから」と、あご下のみにあてることを強くすすめられました。エリアの換算もこのクリニックは良心的だった気がします。ちなみにほかのクリニックでは「あなたにはウルトラアクセントは不要」といったことは一切言われませんでしたことを付け加えておきます。

先生方の食いつきっぷりがすごい

ウルトラアクセントがらみでもう一つおもしろいエピソードがありました。初めてのクリニックに行くと問診票のようなものにこれまで受けた施術を書く書く欄があります。全部を書くのは面倒なので、だいたい時期が近い時期に受けた施術名を適当に書くのですが、この頃に行ったクリニックでは「ウルトアラアクセント」と書いていました。すると初診をされる先生が必ず「ウルトラアクセント、☆☆さんのところで受けたんですね。どうでした?」と聞かれるのです。

ウルトラアクセントがわりと流行っていた時期だったので先生方も導入を検討したりして気になっていたのでしょうか。とにかく先生のくいつきっぷりがすごい!という印象が残っています。

立て続けに2人が「あれ、やせた?」

冒頭に書いたように、複数のクリニックに複数回通いました。施術そのものは痛くもなくダウンタイムもなく特筆すべきことはありません。エリアの換算とテノールを当てる範囲がクリニックによって若干異なったくらいでしょうか。

この頃は効果を検証するために写真に撮っておくなどはしていなかったので、ウルトラアクセントの効果のほどをはっきりとお伝えすることができません。ただ、ウルトラアクセントを3回ほど受けた頃、私の美醜にとっても厳しい身内2人から立て続けに「あれ、顔、やせた?」と言われたのをよーーく覚えています。

もちろん私は「♪」となり、その後も数回通いました。が、そのうちカラダ全体がふくよかになり、目の下のたるみクマ(目袋)に意識が移行したこともあり、他の施術に頼るようになっていきます。

思うこと(2020年追記)

この記事を最初に公開した2017年から3年後の2020年に追記しています。私がウルトラアクセントを受けたのは、10年前とまではいきませんが、軽く5年以上は前です。普及した施術は価格が下がっていくことも多いのですが、ウルトラアクセントを検索してみると、「まだわりと高いのね」と感じました。

「やせた?」と言われた体験からすれば、ウルトラアクセントにそれなりの効果は見込めます。でも施術範囲が狭いから、広い範囲を受けるなら複数のエリアが必要だし、数回繰り返すことを考えると、けっこうな金額が必要です。

今は私がウルトラアクセントを受けていた頃に比べると、顔痩せや痩身のメニューが飛躍的に増えています。ウルトラアクセントが数千円で済むなら、そしてお若い方や二重あごが軽微な方であれば、痩身の入り口としてはとてもよいと思います。ですが、それなりに高年齢の方や同じ金額で確実に効果を出したい方、コストパフォーマンスを考える場合は、ウルトラアクセント以外の選択肢もあるように感じます。

スポンサーリンク

-顔のたるみ(頬・あご)
-,

このサイトにはGoogleやGoogleのパートナーウェブサイト(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しています。Cookieを使用し、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトを含めた過去のアクセス情報(氏名・住所・メール アドレス・電話番号は含まれません)に基づいて配信する場合があります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法は、次のURLをご覧下さい。https://www.google.co.jp/policies/technologies/ads/