目袋オペ記事に2021年の画像・情報を追記済(3月)
スポンサーリンク

エクシリス(エグザイリス)を受けたのがとても残念なクリニックだった件

顔のたるみ(頬・あご)

【2021年加筆・美容医療体験記】こんにちは。真坂たる美です。この記事では、顔やせに向かってまっしぐら!だった頃の私が受けた、エクシリス(EXILIS)の体験について口コミします。が、実はこの施術については別のエピソードだけが記憶に残っていて、効果のほどはよく覚えていません。期待してお読みになった方には申し訳ないです。

スポンサーリンク

エクシリスってどんな施術?

クリニックによってはエグザイリスと呼ばれています。どっかのグループみたいな名前ですね。超音波+高周波(RF)により小顔がめざせるというもので、これまでこのブログでご紹介した施術にも似たようなものがありました。少し違うのは、同時照射が可能という点です。と書きつつ、ほとんど覚えていないのですが・・・。

つまり、普通なら超音波を当てたあとに高周波を照射するという2段階を踏むのですが、このエクシリスは同時にできるということですね。だいだいどの施術もそうですが、ジェルを塗ってからハンドピースを肌に当てていきます。あったか系です。特に痛みはありませんでした。実は施術の詳しいことは覚えていませんが、痛かったら覚えているはずなので・・・おそらくすごい痛みではなかったはずです。

医師がまったく姿を見せないクリニック

私がエクシリスを申し込んだのは、それまで行ったことのないクリニックでした。白衣を着た女性が説明してくれてサインを求められましたが、医師ではなくスタッフの方です。私の独断ですが、看護師でもないはずと思いました。おそらくカウンセラーさんと呼ばれる方です。

そういう対応の病院もあるのだろうなと思ってはいたものの、これまで私が通ったクリニックって、毎回もしくは初回だけは医師が対応するところばかりでした。脱毛でも、初回は医師と対面して、本当に簡単な確認のみですが、レーザー脱毛の簡単な説明や起こりうるかもしれない副作用について説明がありました。

ここは医師が出てこないのか・・・。まあ、注射や手術するわけじゃないしね~と、そのこと自体はたいして問題視していなかったのですが、そういう体制の病院だから仕方ないかなと思うようなプチトラブルが起きたのです。

脱毛も一緒にお願いしたら・・・

ヒマを見つけてはちょこまか脱毛している私。エクシリスを予約するときに、そのクリニックのメニューに顔脱毛の「眉下」があるのを発見し、ついでにお願いしました。顔脱毛をしてくれるクリニックは多々あれど、眉下をしてくれるところってそれほど多くないからです。ちなみに、顔脱毛はいいですよ~。美肌になれるし、印象が垢抜ける気がします。

顔脱毛でつるつる肌に!【顔脱毛体験記01】
【医療脱毛口コミ】まだ顔脱毛をする人が少なかった時代、私が30代前半から始めた顔のレーザー脱毛。お手入れの手間も減ってピカピカ向き卵肌になれるのでおすすめです。

その日、エクシリスと眉下脱毛をしていただき、帰宅して気づいたのが、上まぶたのヒリヒリ感でした。ん?と思い、化粧水を塗ったりしたけど、なんか痛い。けっこう痛い。なぜだろう・・・?と考え、はたと気づいたのです。「火傷だ!」と。

幸いにも顔脱毛をした別のクリニックでいただいた火傷用のクリームがあったのでぬりぬりして治しました。脱毛ではわりといろんなクリニックに通っていて、場数も踏んでいるので、初めての火傷にびっくり! 重ねて驚いたのが、そもそも火傷したところって、レーザーを照射してもらった眉下よりももっと内側の眉下なのです。つーことは、脱毛すべきじゃない場所にレーザーが当たったってこと!?とあきれてしまいました。

まあ、医師が一回も出てこないような病院だしね~・・・と悪い印象だけが残り、エクシリスの効果などはすっかり記憶から飛んでしまったのです。厳しい身内から立て続けに「やせた?」と言われたウルトラアクセントで書いたウルトラアクセントと原理は似ているので、効果はあったかもしれませんが・・・

ということで、今回はあまり役に立たない記事で申し訳ありません。クリニック選びは気をつけたいですね。

2021年追記/カウンセラーさんについて

この記事を書いたのは、脱毛やライトな小顔レーザーで複数のクリニックに足を踏み入れつつも、美容医療にまだまだウブだった頃です。本当に多数のクリニックに訪問した経験がある今、私は脱毛以外の治療で医師が登場せずカウンセラーで済ませるクリニックは信用していません。実は脱毛でも医師が形だけでも出てくるべきではとは思っていますが(というか医療を志した身ならフリだけでもそれくらいしようよと思います)、まあ脱毛程度なら出力は違えどエステでもやっているので、スルーすることにしましょう。

でも超音波やRFを顔に当てる治療なら、肌の状態を見て適応かどうかを判断するというフローが要らないのかなと疑問です。カウンセラーさんだけが対応して、医師が一度も姿を見せないというのは、やっぱりおかしいなと思うのです。

最初にカウンセラーさんが出てきてから最後に医師が出てくるクリニックも増えましたが、多数をさばきたい商業主義的なニオイのするところが多いです(個人の感想です)。カウンセラーという資格も存在しないでしょうし、お肌やマシンの知識がどれくらいあるのかわかりません。話していて、「私のほうが知識があるな」と感じることが多々あります。だって投資している金額が違うし、私は宮田先生のレーザーの本を読むくらいに一応熱心ですから。カウンセラーさんに話しても先生が言うことと違ったり、言ったことをもう一回繰り返さないといけない場合も多いので、最近はカウンセラーさんには必要最小限の受け答えしかしません・・・

タイトルとURLをコピーしました