目の下のクマ(目袋)を除去したオペやその後をご紹介
スポンサーリンク

エクセルの冬季限定エクストラリッチパウダー’22の2色を比較

-ベースメイク

【スウォッチ画像有・コスメ口コミ】ベースメイクの迷い子中なので、ちょうど目についたエクセルのフェイスパウダー(2022年版)を買っちゃいました。冬季限定のスキンケアパウダー01 ピーチベージュと02 ピーチグロウの色やテクスチャーの違いや感想をお届けします。このフェイスパウダーはエクセルから毎年登場していますが、今年はルースタイプのパウダーです!プレストタイプだったエクストラリッチ プレストパウダー’20の02ピーチグロウの画像も発見したのでそちらもご紹介しています。

スポンサーリンク

エクストラリッチパウダー’22

基本情報

毎年冬に限定発売されるフェースパウダーです。以下はプレスリリースからの引用です。

2021年11月24日、ノエビアグループの常盤薬品工業株式会社(本社:東京都港区)は、メイクアップブランド『エクセル』から、美肌効果にこだわったスキンケアパウダー「エクストラリッチパウダー ’22」(全 2 種)を限定発売いたします。
2015年から毎年限定で発売し、いずれもご好評をいただきました「エクストラリッチパウダー」。今年はルースタイプをさらにパワーアップして発売します。毛穴内で皮脂を固めて広げない新処方を採用し、テカリを防いでつけたての仕上がりが持続。また3種のビタミン(ビタミ
ンA誘導体、ビタミンB、ビタミンC誘導体※3)を贅沢に配合し、スキンケア効果UP!極上の肌触りで、贅沢なうるふわ肌に仕上がります。

エクセルのコスメは保湿力にもこだわっている印象があり、他のアイテムにもリピジュアが配合されていたと記憶していますが、このパウダーにも配合されています。そのほかにもテカリを防いだり凹凸をカバーしたりといった効果が満載。展開は2色、というか2タイプです。

01 ピーチベージュ
明るくやわらかなマット肌に
ピンクパール配合

02 ピーチグロウ
発光するようなツヤ肌に
7 色(ピンク、パープル、ブルー、グリーン、オレンジ、ゴールド、シルバー)の微細パール配合大小 MIX のパールを配合し、奥行きのあるツヤ感に!

ツヤ肌好きな私は当然02だけを買うはずなのですが、現在ベースメイク模索中であり、全顔をセミマットで部分的にツヤ足しでもいいかなあなどとも考えていたため、在庫があったので2色買ってみました!

ネットの口コミではふかふかパフも人気のようです。私は急いでいる場合を除き、フェイスパウダーはブラシに取ってつけます。

01ピーチベージュと02ピーチグロウの粉の色を比較

まずはパウダーで色比較。左が01 ピーチベージュ、右が02 ピーチグロウです。01のほうが肌色が強いというか、色味がありますね。粉の状態を見ただけの段階では、特にマットやツヤの差はわかりにくいです。

01ピーチベージュと02ピーチグロウのスウォッチ画像

こちらも左が01 ピーチベージュ、右が02 ピーチグロウ。あんまり違いがわからない画像ですみません。でも何となくタイプの違いが漂ってきますよね。

01 ピーチベージュ

02 ピーチグロウ

01ピーチベージュと02ピーチグロウの感想

上の画像では大きな違いがわかりにくいですよね。光がきちんと当たる場所で確認すると、たしかに01はマットでふんわりフォギーでほんの~りカバー力もありました。私はこれまで必ずツヤタイプやパールタイプのパウダーを買ってきたので、初めての感覚。このセミマットを顔全体につけるまでにはまだ意識が変わっていないのですが、お粉で仕上げる日は鼻やTゾーンにつけてもいいし、これはこれでいいのかもねと思いました。

02のほうは小さなパールが控えめにきらめくパウダーでした。そんなにグロウじゃない気がします。パウダーのベースそのものが光り輝くタイプではないです。薄~いベージュ色のパウダーにいろんなパールがきらめいていますが、キラッキラッでツヤツヤッなパウダーを求めている方には物足りないかもしれません。私はコスメデコルテのパウダーの中ではベースそのものからグロウ感のある限定色の101が気に入っていて、定番00や限定01は「うーん、まあこんなもんかな」といった感想なのですが、00や01には匹敵するかも。というかちょっと似ていると思いました。

01も02も乾燥は感じませんでした。でも私はひどい乾燥で悩んだことがなく、何かで保湿しておけばそれで快適なので、これまでにどのパウダーでも乾燥を感じたことはありません。だからこの感想はあまり参考にならないですね。

開けるとき注意!

それから、使うときの注意点があります!シールをはがすと、中蓋部分はシフター(ネット)式です。使い始めはこのネット部分を通してたっぷりの量のパウダーが外に出てきます。そのままパフやブラシでそっと取るだけでも、むせかえるような量の粉です。この事態を避けるのは難しそうですが、できるだけそっとそっとお使いになることをおすすめします。

スポンサーリンク

エクストラリッチ プレストパウダー’20

基本情報

スマホの画像を整理していたら以前のプレストタイプを発見。買っていたことも忘れていました。説明できることも少ないので駆け足でご紹介します。まずはプレス情報から。私が購入したのは02ピーチグロウです。

お肌にしっとりと密着する美容液仕立てにこだわり、ワンランク上の肌ざわりを実現。プレストタイプながらルースパウダーのように驚くほどきめ細かく、軽いつけ心地です。また、プレストタイプではめずらしい贅沢な最高級*1 パフを採用し、お肌にふんわりとのせることができます。

明るくやわらかなマット肌に仕上げる「01 ピーチベージュ」と、発光するようなツヤ肌に導く「02 ピーチグロウ」の2 種。なりたいお肌に合わせて選んでいただけます。

01 ピーチベージュ
明るくやわらかなマット肌に。ピンクパール配合。

02 ピーチグロウ
発光するようなツヤ肌に。7 色(ピンク、パープル、ブルー、グリーン、オレンジ、ゴールド、シルバー)の超微細パール配合。

私が所持したことのあるプレストパウダーの中では最もドデカいサイズ。厚みもしっかりあります。持ち歩きには向いていません。

エクセルのパウダーはこのパフが人気のようなので、プレストでもボリューム感のあるパフがついています。

02ピーチグロウとスックのグロウパウダーを比較

当時愛用していたお気に入りのスックのオイルリッチグロウルースパウダーと比較。上がスック、下がエクセルです。上のほうが全体的に「グロウ」なのがおわかりいただけるでしょうか。スックは配合されているパールだけが光るのではなく、ベースのパウダーもグロウなのです。スックに比べるとエクセルのグロウはグロウじゃないですね。

02ピーチグロウとスックのリタッチプレストパウダーを比較

どんなにグロウ好きなんだ?というほどグロウを選ぶ私は、このスックのお直しパウダーも02グロウです。左がスック、右がエクセル。スックのほうがやや白く、エクセルのほうが黄味が若干で巣が強いですね。なお、スックのお直しパウダーはオイルリッチグロウルースパウダーと比べるとグロウ度が落ちます。

タイトルとURLをコピーしました