-ベースメイク(UV・下地・パウダー) 顔のたるみ(頬・あご)

資生堂スポッツカバーファウンデーションで内出血にスタンバイ

ヒアルロン酸注入で内出血が濃く出た場合、私が持っているコンシーラーでは隠し切れないと感じていました。今後に備え、カバー力がしっかりあるコンシーラーを用意しておくと心強いと思い、資生堂の地味な一品を買ってみたのでご紹介します。

基本情報

スポッツカバーファウンデーションの公式の商品情報を以下にご紹介します。

あざ、シミ(肝斑)、やけどあと、傷あとなどをカバーするベースカラー。あざ、シミ(肝斑)などの色や、傷あとの状態などに合わせて幅広く使えるすぐれたカバー力があります。普通のメーキャップではかくしにくい肌をカバーするためにお使いいただくファンデーションです。

ベースカラー(全体用)なめらかな感触でのばしやすく、うすいあざなどをカバーします。

ベースカラー(部分用)肌へのフィット、カバー力にすぐれ、あざやしみ(肝斑)などを部分的にカバーします。ほとんどのあざやしみ(肝斑)、傷あとをカバーするために使用できます。

色はH101をチョイス

ネットの口コミを調べ、H101を選びました。もう一段階薄い色H100もありましたが、口コミを研究すると、しっかり隠すには薄い色のように思ったため、H101をチョイス。色番の前のHはハードで部分用、Sはソフトで全体用を表します。今回の用途を考え、カバー力の高そうなハードタイプにしました。

どうですか?カバー力に期待感の高まる濃いめカラー&ねっちょり質感です!

手の甲でスウォッチ!

残念ながら(?)現在の私はヒアルロン酸注入直後ではなく、したがって内出血の跡やあざもありません。手の甲の青い血管で試してみることにします。

何も塗らない状態

さっとひと塗りした状態

血管のぼこりとした盛り上がりは隠せませんが、青い色は消えているように見えますよね。さすがねっちょり濃いめカラーだけあります。肌の色より赤く濃すぎるように見えますが、これから伸ばしていきます。

伸ばした状態

伸ばしてみました。肌の色との差は少し気になりますが、血管の青みはおおよそフェイクできているように感じます。

パール下地を重ねた状態

コンシーラーを使った場合の重ね順はいろいろあると思いますが、私は最後にほんのり色補正できるパール入りの下地を使います。そこで、スポッツカバーファンデーションの後に塗ってみました。色の違いが光で飛ばされて上手にごまかせています!

というわけで、濃い内出血には、この濃すぎるくらいのH101でよさそうと考えていますが、気が向いたらもう1ランク薄いH100を試してみるかもしれません。そのときは追記します。

スポンサーリンク

--ベースメイク(UV・下地・パウダー), 顔のたるみ(頬・あご)

このサイトにはGoogleやGoogleのパートナーウェブサイト(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しています。Cookieを使用し、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトを含めた過去のアクセス情報(氏名・住所・メール アドレス・電話番号は含まれません)に基づいて配信する場合があります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法は、次のURLをご覧下さい。https://www.google.co.jp/policies/technologies/ads/