-アイメイク コスメレビュー

プチプラでもどこか上品♪エクセルのリアルクローズシャドウ

私が今年ハマったアイシャドウ、エクセルのリアルクローズシャドウ(本体価格1,500円)をご紹介します。

激しくないパール感がいい!

この年齢になって、しかも美容ブログをしている身でとても恥ずかしいのですが、まともなアイメイクを始めたのは近年で、アイシャドウは塗らない日も多く、しかも「アイシャドウはブラウン」という固定観念もありました。

必要な色だけ買えばいいや!という感じで、単色アイシャドウを買っていましたが、最近では4色シャドウや多色シャドウにも目を向けるようになり、今年まとめて買ったのがサナエクセルのリアルクローズシャドウでした。

エクセルにはスキニーリッチシャドウという人気アイテムがあり、私がまず店頭で手に取ったのもそちらでした。でも、なぜかピンとこなかったんです。ラメというかパール感の強さがひっかかったんですよね。ツヤツヤは好きだけど、やりすぎパールや粗いパールはまぶたの劣化を目立たせるような気もして。リンメルのアイシャドウもマットな方が好きなので、私の好みなのかもしれません。あと、スキニーリッチシャドウはルナソルと似ていると読んでいたものの、ルナソルのほうが質感が美しい気もしました。

で、目に入ったのが、リアルクローズシャドウ。スキニリッチシャドウよりもギラギラしておらず、パール入りの色も繊細に見えました。使ってみたいおもしろい色展開も魅力的♪というわけで、イエベの私にピンときたカラーを購入しています。

CS01 テラコッタブーティ

ベージュ・オレンジ・ブラウンの美しいカラーリング。イエベ向きですね。

だがしかし!右下の締め色がなんとなく好みではありません。ちょっとグレーっぽいんですよね。 グレーがかっていると私の目まわりには合わない気がするのです。あと、 ここ最近のお気に入りアイライナーであるデジャヴのクリームペンシル(密着アイライナー)のピュアブラウンと合わない気がする・・・。

そう思って締め色の下にアイライナーを塗り比べてみました。左がピュアブラウン、右がダークブラウン。・・・あれ、意外となじんでますね(笑)。ってことで、気を取り直してときどき使っています。締め色以外の3色は最初から抵抗なく好きなので。

ちなみにデジャヴのアイライナーは、モーヴヴラウンよりもダークブラウンよりもピュアブラウンが好きです。ちょっと赤みがある明るいピュアブラウンが、やさしく見せてくれる気がするんです。

CS02 ピンクモヘア

これは明らかにブルベ向きかなと思いましたが、ピンクの可愛さに負けて購入しちゃいました。こういうときは「セカンドがサマーだから、ブルベアイテムでも合わないことはない」と超ポジティブに考えるようにしています。

ピンクは可愛らしすぎるので控えめに使っています。でもこれを使うときはウキウキします。右下の締め色が赤っぽいブラウン系なのも実は好きなんです。

なぜなら、最近のお気に入りアイライナー、デジャヴのクリームペンシル(密着アイライナー)のピュアブラウンと右下の締め色がよく合うと思うからです。右下のカラーの下にデジャヴのピュアブラウンを引いてみました。

CS07 フラワーバレッタ

2019年秋の新色は、コーラル系やラベンダー系が入った不思議な色合わせのパレット。心惹かれたので買ってみました。ネットでは、イエベ・ブルベどちらにも合うと書かれているようです。

イエベの私には、右上のラベンダーがちょっと扱いに困る感じ。でもさらっと最後に乗せてパール感を足すといい具合。コーラルや締め色は普通に大好きです♪

お気に入りのデジャヴのアイライナーのピュアブラウンともなじみます(右下)。

CS08 アプリコットタータン

超人気の限定色だったと後から知りました。ふらりと入ったプラザで普通にいっぱいあったときに買ったからです。「アプリコット」という名前からも、イエベ臭がぷんぷんするパレットです。

イエベっぽい色合わせなのに、あまり上手に使えていない気がします。締め色が締め色然としていなくて落ち着かないんですよね・・・。あと、ちょっと赤すぎ。でも右上のパールオレンジは美しくて大好きです♪

スポンサーリンク

--アイメイク, コスメレビュー

このサイトにはGoogleやGoogleのパートナーウェブサイト(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しています。Cookieを使用し、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトを含めた過去のアクセス情報(氏名・住所・メール アドレス・電話番号は含まれません)に基づいて配信する場合があります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法は、次のURLをご覧下さい。https://www.google.co.jp/policies/technologies/ads/