2021.10 ブログ開設のきっかけ!脱脂オペ体験記
スポンサーリンク

ふっくらキラリ☆オトナにちょうどいい涙袋アイライナー探し

-アイメイク

【スウォッチ画像有・コスメ口コミ】白すぎず肌なじみのよいブロンズ系のアイライナーの色の違いがわかる比較画像や感想をご紹介しています。ディオール、フーミー、ローラメルシエ、アイムミミ、バビメロ、コスメデコルテ、ヴィセリシェ、ミシャ、リリーバイレッド、ペリペラ、ファシオ、セザンヌなど。

この記事の内容

スポンサーリンク

涙袋は大事だよ~♪

そんなに大きくないけれど、私には涙袋があります。笑うとわりとくっきり出ます。目袋に悩むようになってから、ありがたい涙袋の存在を軽視した時期もありましたが、経結膜脱脂手術で目袋を除去したとき、「あ、目袋が目立っている」と思ったあの感動は忘れられません。ふてぶてしい目袋を取って涙袋が目立つようになった私の顔は、気のせいかもしれませんが、愛嬌が増して若くかわいく見えました。

そんなわけで、面長が気になる私にとって涙袋は大切な存在。コスメデコルテのアイグロウジェムを涙袋に使う記事を書いたり、エスプリークやアディクションやシュウウエムラの単色シャドウから涙袋用カラーを選ぶことを記事にしたりしてきました。特に、お泊りにこれ一つだけ!のパレットをつくるなら、安心アイテムとして絶対に涙袋カラーを入れておきたいです。

スポンサーリンク

実は長い涙袋ライナー探しの旅

だがしかし。実は私が最も使う頻度の高い涙袋アイテムは、ペンシルアイライナーです。アイシャドウを塗るより落ちにくいし、何よりペンシルは急いでいるときに便利なんですよね・・・。記事にしていないものの、主にプチプラアイテムを中心に、そこそこの種類を試してきました。筆で描くキラキラ涙袋ペンは使いづらかったし、クレヨンみたいなライナーは色はよくても太くて描きづらかったりと、なかなかこれというアイテムはありませんでした。ローラメルシエも私にはピンときませんでした。

メイベリン廃盤で火が点いた

涙袋によさそうなアイライナーペンシルをいろいろ試してきた私は、最近はメイベリンのハイパーライト ライナーに落ち着いていました。そんなに話題になった商品でもないと思うのですが、何かと使いやすく、ついついリピしていました。

常備していたのは、ほどよい赤みゴールドのブロンズライトとそれよりちょっと白っぽいゴールドライトの2色。ゴールドライトの方を涙袋に入れていた時期もありましたが、白く感じ始めて、最近はもっぱらブロンズライト一辺倒に。ただしゴールドライトにさようならしたわけではなく、上唇のふちをなぞる用として活用していました。(このやり方、色っぽいめくれ唇を演出するのにめちゃくちゃ気に入っています。また別記事に書きます)

でも2020年に廃盤だと知り、焦りました。とりあえずお店に行って在庫は買ったけど、これからどうしよう!!とプチパニックに・・・。ちょうどコロナで自宅でゆっくりする時間が増えていたので、メイベリンに代わるアイライナーを探して、いろんなアイライナーを実験的に試してみることにしました。

上唇のハイライトとして使っていたゴールドライトの代替品探しの記事はこちらです。

私の涙袋ライナーの条件

  • 太くないこと。ローラメルシエや昔使ったヴィセが、不器用な私には描きにくかったので。
  • 細すぎないこと。涙袋の面積を塗りつぶすには細すぎると面倒なので。
  • 硬すぎないこと。今回いろいろ試してわかったが、硬いと痛い。
  • 時代の流れを受けて、あまり白っぽくないこと。ちょっと赤みやブロンズゴールドっぽさがあること。「ピンク!」までいくと私には無理。大粒すぎるラメなど遊び心がありすぎるのもアラフィフには無理。
  • 繰り出し式であること
  • それなりにプチプラであること。ポキポキ折れるし、なくしがちだし。例えばUV下地には値段なりの使い心地の差があると感じることもあるが、アイライナーにはそんなに感じないので。

ペンシルタイプのアイライナーがいい理由

いろいろ試してみて、私にはペンシルタイプのライナーがいいとわかりました。その理由を簡単にまとめます。

  • アイシャドウは出先での応急対応やペンシルを減らしてアイシャドウで涙袋メイクを兼ねる場合には消極的選択だが、ペンシルに比べて落ちやすく粉飛びもしやすい
  • ペンシル(クレヨン)タイプのアイシャドウは涙袋には太くて描きにくいものが多く、しょせんはアイシャドウなので落ちやすい
  • ペンシルタイプのアイライナーは落ちにくいのでリタッチをする必要がほとんどない。細すぎないジェルタイプを選べば適度な柔らかさもあり描きやすい

メイベリン/ハイパーライトライナー(ゴールドライト・ブロンズライト)

これが愛用していたメイベリンのハイパーライトライナーです。

以前は涙袋に使っていたけど今は上唇のふちに活躍しているゴールドライト(上)と、近年涙袋に使っていたブロンズライト(下)。芯がやわらかめで折れることはあるけど、他のペンシルアイライナーも似たりよったりなので気にしませんでした。折れない=硬いので塗りにくかったりもするし。

今回の記事では、主に下のブロンズライトの代替となる涙袋ライナーを探してさまようさまをご紹介します!

コスメデコルテ/アイグロウジェム(BE392・BE386・PK881)

BE392・BE386

今回求めているのはアイライナーですが、メイベリンに出会うまでけっこうな頻度で使っていたアイグロウジェムのうち、ゴールドっぽい色との比較も載せておきます。左から、アイグロウジェムBE392、BE386、メイベリンのブロンズライト、ゴールドライトです。

以前はアイグロウジェムのBE392を愛用していたのですが、しだいに白く感じられるようになり、最近はBE386やPK881などを使っていました。しっとり感が気に入っているので、手が伸びる日もあるのですが、涙袋には細いチップで取ってからつけるので、忙しい朝は面倒に感じることもあり、ペンシルタイプを使いがちです。

BE392・BE386・PK881

後から発見したので追加します。おうち時間が増えた2020年はわけもなく実験気分でカシャカシャ撮っていたようです。まとまりがなくすみません・・・。左から、コスメデコルテアイグロウジェムBE392、BE386、PK881、メイベリンのブロンズライト、ゴールドライトです。部屋で撮ったり洗面所の光で撮ったりと、照明の違う環境で撮り比べています。アイグロウジェム、きれいなのですが、涙袋に塗るのは地味に面倒なんですよね。

コスメデコルテ/アイクレヨン(BR320・PK820・BR321・GD020)

BR320・PK820(2017年限定色)

コスデコのアイグロウジェムついでにアイクレヨン(限定品)の画像も発見したので登場させておきます。涙袋用ライナー(PK820)ときっちり引くのが面倒なとき用の締め色アイライナー(BR320)にと思って買った2色です。ピンクベージュの方の色がちゃんと写っていなくて申し訳ありません。これ、そんなにキラキラしていなくて、肌色!というイメージです。私は涙袋には活用させておらず、口角付近の下唇のコンシーラーとして登場させて使い道を探っています。BRの色味は翌年よりも私好みです。

BR321・GD020(2018年限定色)

翌年も買ってしまったアイクレヨン。前年と同様、涙袋用と、面倒なとき用のアイライナーとしての目論見です。GD020はパールが入っているものの、強いきらめきは感じず上品なパール感です。BR32はブラウンなんだけどけっこうカーキです。

アイクレヨン4色をまとめて比較

左の2色が2018年(上がGD020、下がBR321)、右の2色が2017年(下がPK820、上がBR320)です。これだけ買ってしまったので、ゴールドとピンクはハイライト的なライナーとしての使用も検討しようかな・・・と感じています。

PK820・GD020とメイベリンを比較

色が伝わりにくい写真しかなかったので再撮影しました。左から、コスメデコルテのアイクレヨンPK820、GD020、メイベリンのブロンズライトとゴールドライトです。

光の強さや当たり方が違う画像を並べています。コスデコ2色は控えめ上品なパール感、メイベリン2色はパール感しっかり。今の私の気分では、コスデコは涙袋用という感じではないかな・・・

ディオール/ディオールショウ 24H スティロ ウォータープルーフ(446パーリーブロンズ)

全然プチプラじゃないのに登場します。リップか何かを買いに立ち寄ったときに見かけて購入。新発売された頃だったので、目につきやすかったのかな。お店で用途を話すと、「それならこの色(パーリーブロンズ)ですね。ほとんどの色はキワに引く用です」とすすめてくださいました。似た系統としてパーリーゴールドがあったのですが、けっこう黄色くて目立つ色だったので、このブロンズ一択だなと私も思いました。

繰り出し式なのですが、ペンシルのお尻のほうを外すとシャープナーが出てくるという、変わったつくりになっています。

上でご紹介したコスメデコルテも含んでいます。左から、ディオールショウ 24H スティロ ウォータープルーフ446パーリーブロンズ、アイグロウジェムBE392、BE386、メイベリンのブロンズライト、ゴールドライトです。うん、けっこういい感じの色だし、メイベリンのブロンズに似ています。

さっとこすってから洗い流してみた結果です。やはりペンシルタイプは落ちにくいですね。

ローラメルシエ/キャビアスティックアイカラー(ローズゴールド)

上がメイベリンのブロンズライト、下がローラメルシエのローズゴールド。色もパール感もとてもよく似ています!でも私にはローラメルシエのこの太さがとても塗りにくいのです。もう少し細ければ他を探さなくてもいいのに・・・ととても残念です。

上から4枚目の画像は落ちやすさをお伝えするためのもの。これはそんなに差がありません。どちらも落ちにくいです。

キャビアスティックアイカラーの色比較

3年くらい前のクリスマスキットかなにかの限定品のミニサイズ(上の写真)と別に1本買い足しているので、まとめて色比較してみます。

上からローズゴールド、アメジスト、バニラキス、オゥナチュラル、カプルストーンです。それぞれ2カ所ずつ塗りつけていますが、下の方は何度か往復させて濃く出した色です。この中で涙袋カラーによさそうなのは上のローズゴールドくらい。バニラキスは塗りつぶしました感が強く、オウナチュラルはいい色ですが今の私が求める涙袋カラーではないかな・・・。ブルベ向きの色のようにも見えますし。

ヴィセ リシェ/パウダーチップ アイカラー(BE-1・BR-8)

今回の比較対象ではないのですが、かなり昔にドラッグストアで見かけて、涙袋にもよさそう、アイラインきっちり引くのが面倒なときによさそうと思い、キラキラベージュ系とブラウン系を買ったときの画像が見つかったので掲載しておきます。

キャップを開けるとチップ型のアイシャドウが登場。好きな色を選んで本体の両端にセットすることで、1本で2色のアイシャドウを仕込むことができるんです。アイデア商品ですよね。

左がBE-1、右がBR-8です。色がどうこうよりも、不器用な私には塗りにいんです。先端が太いと、その太さで塗っている箇所が隠れてしまって見えないので、とても塗りにくい!そして太いのできっちりキワまで塗れない、はみ出すといった問題も発生します。残念ながら愛用品にはなりませんでした。

ザセム/マルチグロウハイライター

コンシーラーで人気のザセムに一色だけ展開されているハイライトバージョンです。アイライナータイプではないのですが写真を見つけたので掲載しておきます。

コンシーラーを買うとミニサイズがついてくる!みたいなセットがあったので、ミニサイズだと持ち歩きしやすいし♪と思って買いました。先端のチップも小さくて、涙袋向きですよね!?

たくさん撮ったので2ショット載せただけで、同じ色の写真です。色は今となってはちょっと白っぽすぎるかなと思いますが、パール感が美しく、ピンクを帯びたきれいな色合いです。でも私には塗りにくかった。小さいほうのチップを使っても、液体タイプは塗り始めがボテッとついてしまうんです。ちょうどよい塗り加減が私には難しく、涙袋アイテムにはなりませんでした。かといってハイライトとして活用したわけでもないので、実際には日の目を見ずじまいでした。

フーミー/キラマルチライナー(サクラ2)・マルチライナー(キラキラオレンジ)

ネットで知って買ってみたフーミー。使ってみて、とにかくポキポキ折れやすかったです。

上からメイベリンのブロンズライト、フーミーのキラマルチライナー(サクラ2)、マルチライナー(キラキラオレンジ)です。写真ではきらめきが伝わりにくいのですが、フーミーはけっこうキラキラ感がすごいです。あと、右の写真でおわかりいただけるように、落ちやすいです。

アイムミミ/スティックシャドウ シマー(001・002・003・004)

キラキラライナーなら韓国コスメに豊富そう!と突然思いついて探したら、アイムミミというブランドによさそうなのを発見。DHOLICのサイトで販売されていましたが、オリジナルブランドなのか単に取り扱っているのかは不明です。

太そうだな~と思いながら買ったらやっぱり太かったです(笑)でもよさそうな色ばかりですよね。

上から、メイベリンのブロンズライト、アイムミミの004ローズケープ、003ピンクチャーム、002ピーチコロネット、001シュガーブリンです。003ピンクチャームがメイベリンのブロンズライトに近いです。ちょっと太いけど・・・。

アイムミミの4色の中で一番キラキラ感が控えめなのは002ピーチコロネット(上の画像では5色のうち下から2番目)です。パールは入っているものの、シアー感が少なく悪く言えばのっぺり。濡れたようなきらめきはこの中では少ないです。

思わぬヒットが、赤くてかわいい004ローズケープ。実際に見てみて、かわいいなと感じた自分が意外でした。写真では上手に伝わりませんが、きらめきもきれい。本当にときどきですが、お出かけのときに使っています。そんなに真っ赤な色出しになりません。ブロンズに赤みをたっぷり混ぜたような色合いです。プチプラで買わなければこの色は試そうとは思わなかったかも。

特筆すべきは、落ちにくさ。右の写真に示していますが、「落ちにくい」と思っていたメイベリンよりもしぶとく残っていて落ちません。これはすごい。

バビメロ/シンプルドローイングアイライナー(E01・E02・E03)

アイムミミに続いてこちらも韓国コスメです。いい感じの細さの予感。

上からメイベリンのブロンズライト、バビメロのE01ゴールドカーキ、E02ピーチシュガー、E03バニラビーン。メイベリンとすごく似ている色はなかったけれど、赤みのあるE02ピーチシュガーがとにかくかわいいです。実は最近の出動率ナンバーワンです。それから、届く前からそう思っていましたが、E01ゴールドカーキは私の肌色には合わないと思いました。

落ちにくさもすごい(右の写真)。韓国コスメの落ちにくさは神ですね。ただしこのバビメロは折れやすいです。

ミシャ/グリッタープリズム

パッケージに書かれいてる名前は「GLITTER PRISM PRESSED STICK METAL」で、正確にはアイライナーではなくペンシル型のアイシャドウです。

左から、01ミスティックプリズム、02ミラージュプリズム、03ファンタジープリズムです。01がちょっぴりピンクがかっていてかわいい。右の03はグリーンパールが入っていて、光の当たり方によってはグリーン味が引っ込んで薄いゴールドに見えたりします。好きな方はとても好きなイマドキカラーです。

韓国コスメのアイライナーが落ちにくさ抜群の中、ミシャはクレンジングを使わず石けんと水であっさり潔く落ちました。アイシャドウ扱いだからと思えば納得です。

リリーバイレッド/ジェルアイライナー

lilybyredのアイライナー、パッケージにはSTARRY EYES am9 to pm9 GEL EYELINERと書かれています。

ペンシルのおしり部分のキャップをはずすとシャープナーがあります。

左から03ローズゴールド、04ゴールデンピンクです。色展開が豊富で黒やブラウン、ボルドー系などいろいろありましたが、涙袋によさそうな2色をチョイスしました。

韓国コスメらしい落ちにくさを発揮。洗ってもしぶとく残っていました。

ペリペラ/インクスキニーアイライナー
プロランス/サニーグラムグリッタリングジェルライナーペンシル

左がペリペラの5番のピンク、右がプロランスの01 Tear Drop Linerという色です。プロランスは聞いたことがなくて、どこまでがブランド名かもわかりませんでした(汗)。でもとても安かったので買ってしまいました。ペリペラのピンクがかわいい!のですが、ちょっとキラキラすぎるというか、キラキラが大きくて、私はもう少し細かいパール感が好みです。右のプロランスはちょっと白っぽくて、もう少し肌なじみがよい色が好きです。

さすが!やっぱり韓国コスメのアイライナーはしぶといです。洗っても洗っても残ってました。

ファシオ/ペンシルアイライナー

2021年5月にリニューアルされたファシオのアイライナーにピンク系が仲間入りしてました。落ちにくいアイライナーとして人気だったので、ピンクがあればなあとずっと思っていたのです。この色は唯一のピンク系、04ベージュピンクです。

かわいい肌なじみピンクです!色はとてもいいのですが、涙袋に使うと、ちょっと細い。そして硬いので描きづらい。というかたまに痛いです。ブラックやブラウンを本来通りのアイライナーとして使うにはとてもよいのでしょうが、涙袋に塗るとなると使い勝手の点でちょっと落ちます。色は素敵です。

ファシオのアイライナーの落ちにくさを撮り忘れたので、下の方の他ブランドとの比較画像でご紹介しています。ステイ力はさすがでした。

エチュードハウス/キラキラアイシャドウ(別記事)

本当の名前はBling Bling Eye Stickというようです。全6色を試したので詳しくは別記事にしています。

セザンヌ/ジェルアイライナー(50ピンクベージュ)

涙袋アイテムを忘れて出かけて出張先で急きょ調達したのがセザンヌ。忘れていたので今回取り出しました。

いろいろ比較

きらきら赤みライナーを色比較(1)

これまでご紹介してきた中の、かわいらしいピンク味のあるブロンズ色を大集合させてみました。左から、アイムミミの004ローズケープ、バビメロのE02ピーチシュガー、フーミーのサクラ2(sakura2)、セザンヌの50ピンクベージュです。

バビメロ、フーミー、セザンヌがわりと近い感じの色合いですね。ただしラメの光り方に違いがあって、セザンヌはチラチラと光るものがあるなとわかります。つまりラメが目立ちます。バビメロとフーミーはそこまでではなく、平坦な光り方です。セザンヌのラメが涙袋にあると、対面にいる人が気になってしまいそうなので(というか私が気になる)、セザンヌの日常使いはなしだと判断しました。

一番下の写真は落ちやすさの比較。バビメロが一番落ちにくく、セザンヌもすごい。フーミーは一番落ちやすいです。

きらきら赤みライナーを色比較(2)

左から、バビメロのE02ピーチシュガー、ファシオの04ベージュピンク、セザンヌの50ピンクベージュです。こうやって並べるとこの中ではセザンヌが茶色い、というか地味に見えますね。

洗っても洗っても落ちません。

きらきら赤みライナーを色比較(3)

左からリリーバイレッドの03ローズゴールド、ミシャの01ミスティックプリズム、アイムミミの004ローズケープ、バビメロのE02ピーチシュガー、セザンヌの50ピンクベージュ、ペリペラの5番のピンクです。

リリーバイレッドは本当は04のほうがピンクっぽいのに間違えて03を比較してしまいました。フーミーも入れたかったのになぜか見当たりません。どこかのポーチに入っているもようです・・・。見つけたらまたの機会に気ままに追記します。

ミシャとリリーバイレッドを色比較

左から、メイベリンのブロンズライト、ミシャの01ミスティックプリズム、02ミラージュプリズム、リリーバイレッドの03ローズゴールド、04ゴールデンピンクです。やっぱりミシャの01がほんのりピンクでかわいいです。

ブロンズ系ライナーを色比較

時代の気分もあって(アラフィフなのでちょっと乗るのが遅いですが)、赤みライナーに心惹かれてしまいましたが、初心に戻り、毎日気軽に涙袋に使えるブロンズ系のライナーを大集合させてみます。

上から、メイベリンのブロンズライト、ディオールの446パーリーブロンズ、バビメロのE03バニラビーン、アイムミミの003ピンクチャーム、002ピーチコロネットです。

いろいろ試してみましたが、色はさておき、お値段や描きやすさも満足できる涙袋用アイライナーを、今回たくさん購入したので、使ってみつつ、他にももう少し探してみるつもりです。これは!と思うものに出会えたら、また追記しますね。

タイトルとURLをコピーしました