目の下のクマ(目袋)を除去したオペやその後をご紹介
スポンサーリンク

現在37種類!ミルクチョコ好きな私がリンツのリンドールを食べ比べ!

いろいろレビュー・体験談

【2022年更新・レビュー・口コミ】チョコレートならミルクチョコ、リンドールならもちろんミルクが大好きな私が、全フレーバーを制覇してみようと思い立ち、食べ比べてみました。それぞれのシェル(コーティング)とフィリング、断面画像、私の感想をご紹介!お安く買えるアウトレットでの価格情報もお伝えします!

※2022年春季限定ラズベリー&チーズケーキを買い逃してしまいました!来年の復活を楽しみにしています。

この記事の内容

スポンサーリンク

初めて食べたリンドールに感動

リンツといえば、大昔の海外旅行のお土産としてよくもらっていた記憶しかありませんでした。ゴールドの箱に入った薄い板チョコ(シン)ですね。それにはさほど強い印象を持っていないのですが、近年になり、店舗が増え、まあるい球形のリンドールのミルクを初めて食べて、シェル(コーティング)の硬さとやわらかくてなめらかなフィリングの食感に感動。コロナで家にこもっているのをいいことに、リンドール三昧を楽しんでしまうことにしました。

※この食べ比べレビュー記事は、ミルクチョコが大好きで、リンドールの中ではミルクがもちろん大好き。リンドールミルクのシェルとフィリングの食感のコントラストが気に入っている、子ども舌な私による感想です。

スポンサーリンク

定番約20種類+季節限定

公式サイトの情報によると、店舗では約20種類の定番の味を展開。見かけたことのある方も多い、赤いパッケージ(ミルク)をはじめとする、常時販売のフレーバーが揃っています。

それに加え、季節限定のフレーバーや包み紙も登場します。とりあえずいろんな種類を食べてみたい方は、送料無料のアソートセットがおすすめです。母の日やホワイトデーなどのイベントに合わせて、プレゼント向きの詰合せも登場します。

<楽天リンク>

送料無料 リンツ Lindt チョコレート リンドール 23個入り テイスティングセット|リンツチョコ リンツチョコレート お菓子 チョコ ギフト 誕生日 プチギフト かわいい 個包装

上の画像は、バレンタイン限定の2つのフレーバー。赤とブラウン、そしてショッキングピンクのパッケージのリンドールが並ぶと、ウキウキしませんか。このほかにも、若草色のベースにピンクのちょうちょが描かれたスプリング、クリスマスのシンボリックな色使いであるグリーンと赤を使ったペパーミントクッキー、雪だるまのイラストが描かれたスノーマンなど、シーズンメッセージあふれる包み紙とフレーバーが登場します。

ノーマル・シンプルチョコ系

ミルク

リンドールといえばこれでしょう。ミルクチョコ好きの私がひと口食べて「おいしい!」と思ったチョコ。世界で一番人気だそうです。ミルクのシェル(外側のコーティング)にミルクのフィリング。

ミルク&ホワイト

ミルクチョコのシェルにホワイトチョコのフィリングは、ミルク好きの私も大好きな味。いつもミルクを食べたいけどたまには違うものをというときにの候補のひとつです。

ホワイト

シェルもフィリングもホワイトチョコレート。私はホワイトチョコは嫌いではないのですが、ブランドによっては油っぽさが気になるというか、食感や口残り感が好みでないものも多くあります。リンドールのホワイトは、そういう「気になり度」が低く、美味しかったです。シェルとフィリングの食感のコントラストも新鮮です。ホワイトチョコだけでこういう二つの食感を楽しめるものはなかなかないと思うので。

70%カカオ

包みを開いたときに「濃い!」と思うダークな色合いのシェル。カカオ分70%のシェルです。中はもう少し甘そうな色合いです。ビター感が強く、お酒飲みが好きそうな味。ミルク好きな私が食べると、「もう一個!」とはなりません。ですが、他ブランドのめちゃくちゃビターなチョコに比べると、まだ甘さがあると思います。

60%カカオ

カカオ分60%のシェル。70%とシェルの色も違いますね。お味もビターだけれどほどよい甘さがありました。これならもう一つほしいかも(笑)

70%カカオと60%カカオの比較

左が60%カカオ、右が70%カカオです。70%のフィリングが明るく(甘く)見えていますが、実はシェルの色は70%のほうがしっかりダーク色です。

ダーク

「エクストラダークに比べてほどよくビターでまろやかなカカオ感。ほろ苦さと甘さが絶妙なバランスの食べやすいダークチョコレート」の説明どおり、カカオの強さは感じながらも主張しすぎず、フィリングもまろやかで食べやすいです。シェルとフィリングのコントラストもいい感じ。でも体調によってはカカオ感が強く感じることもあるので、すごく好きなわけではないです(笑)

ファッジスワール

「ミルクチョコレートのシェルに、ホワイトチョコレートの層とダークチョコレートの層のダブルフィリングが生み出すファッジのようなミルキー感」というなんだかスペシャル感のある説明どおり、おいしいです。ミルクチョコ感がしっかりあり、ホワイトとダークも味わえて、ぜいたくな一粒に思えます。

ストラッチアテラ

カカオマス片がちりばめられたホワイトチョコレートのシェル。公式サイトには「クッキー&クリームを思わせる」とあります。フィリングについて記載はありませんがホワイトチョコレートでしょう。私はカリッとしたシェルとなめらかなフィリングの食感のハーモニーが好きなので、ガリッとさえぎるブツは要らないほうです。これならホワイトシェルとホワイトチョコのフィリングでいいかな・・・

ダブルチョコレート

久しぶりにオンラインブティックをのぞいたら、知らない味が増えていました。「ミルクチョコレートのシェルにバニラの香るなめらかで濃厚なダークチョコレートのフィリング。2倍の贅沢を一度に味わえるフレーバーです」とのこと。いろんなチョコが全部入りのチョコ好きにはたまらない味ですね。実際に安定のおいしさでした。が、当たり前なのですが、濃厚なダークチョコレートのフィリングが濃厚なだけにけっこうダークなんです。ミルク好きの私にはビターに感じてしまい、「やっぱりミルクがいい」となってしまいました。「ノーマルなチョコ系が好きだけどミルクはお子ちゃまっぽい」という方にはぴったりのフレーバーではないでしょうか。

フルーツ系フレーバー

ストロベリー&クリーム

ストロベリーパウダーが練り込まれたホワイトチョコレートのシェルは、公式画像では赤い粒々がしっかり目立ちますが、実物は近寄ってみると赤い点がちょっとあるかなという程度です。薄いピンク色のストロベリーのフィリングとよく合います。甘くてまろやかで美味しいです。フルーツ系の中で一番好き。お子さんがいると喜びそう。

マンゴー&クリーム

切るとマンゴーの香りが広がりました。カットした断面はまるで玉子(笑)ホワイトチョコレートのシェルにマンゴーピューレが入ったフィリング。確かに噛んだときガリッとしました。私はマンゴーは大好きですがチョコと組み合わせなくても・・・と思っている派ですが、シトラスと比べるとマンゴーのほうが味としてのまとまりを感じました。でもガリッとする食感は私は要らない派です。カリっとしたシェルとなめらかなフィリングが好きなので。

シトラス

ホワイトチョコレートのシェルに、レモンとベルガモットのフィリング。柑橘系ならではの苦みも少しですが感じます。ミルクチョコが好きな私は酸味系とチョコのハーモニーが好みではないので、ノーコメントです。

オレンジ

ダークチョコレートのビターなシェルに、オレンジレ風味のフィイング。チョコとオレンジは相性がよく、フルーツ系フレーバーは好きではない私も、オレンジは別格で、チョコがけオレンジが大好き。メゾンドゥショコラのオランジェットも大好物なので、楽しみにしていました。実際に食べてみると、オレンジの大人の苦みはシトラスほどは感じなかったです。フレーバーではありますがまあまあうまくできているし、ストロベリー以外のフルーツ系の中ではオレンジが一番だと思いました。やはりオレンジとチョコは相性がいいです。でもフルーツ系フレーバの中での完成度という点では、ストロベリーが一番好きかな。

ミント

カットした瞬間、ミントのさわやかな香りを感じました。ミルクチョコレートのシェルに、ミントの香りが広がるミルクチョコレートのフィリング。食べるとミント臭というかチュ―イングガム臭が口の中に広がります。私はミントそのものが好きではなく、チョコミントが流行ったときもスルーしました。チョコにスーーーッとする後味を求めていないので、美味しさもわからないため、ノーコメントです。

豆・ナッツ系

ヘーゼルナッツ

ヘーゼルナッツ片が散りばめられたシェルと、ミルクチョコレートのフィリング。クリスピー感が私には邪魔です(笑)

アーモンド

公式説明によると「ミルクチョコレートのフィリングに練り込まれたアーモンドペーストとアーモンドの香りが、イタリアのお酒アマレットをイメージさせる」そうです。たしかにこのフィリングは他のフィリングと違います。アルコールが入っているのかと思いましたが、アルコールは入っていないよう。「なんか中華風な味がする!」と感じました。私はあんまり好きじゃないです。

ピスタチオ

シェルはミルクチョコレート。ミルクチョコレートのフィリングにピスタチオのペーストが練り込まれています。フィリングはうす~い若草色をしていて、お味はけっこう「豆!」です。ヘーゼルナッツはカケラの食感が好みでなく、アーモンドは独特の風味のフィリングが好みでなかったので、ナッツやお豆系の中では私はピスタチオが好みでした。

バターピーカン

「ピーカンナッツ片が香ばしいミルクチョコレートのシェルに、バター風味を感じるミルクチョコレートのフィリング」とのこと。私の好きなミルクに近くて、好きなのですが、ピーカンナッツ片の食感が邪魔をしているという感じです。

ココナッツ

スイスの老舗チョコメーカーのリンツが、南国情緒たっぷりのココナッツフレーバーを出すなんて意外ですよね。シェルはミルクチョコレートです。中のフィリングはココナッツがそれほどガツンとくるわけじゃなかったです。上品ココナッツですね。よく読むと「ココナッツフレーバーのなめらかな口どけのホワイトチョコレートフィリング」とあるので、ベースはホワイトチョコだからですね。変化球な味を好まない人にはおいしく、ココナッツ好きには物足りないかもしれません。

アーモンドバター

2022年春に登場。おそらく季節限定ではなく新フレーバーのようです。シェルはミルクチョコレートで、フィリングにはアーモンドバターが練り込まれています。そして「 ささやかなシーソルトのアクセントが引き立てる濃厚なアーモンドの風味」とのこと。

食してみた第一印象は、「アーモンドチョコの味だ!」でした。小さな頃によく見かけた、「アーモンドチョコといえばこれ」だった、グリコの赤い箱にまるごとアーモンドが入ったあのチョコレートをほうふつとさせるのです。あくまで私の大昔の印象なので、実際に食べ比べると違うはずです。でも、かなり近いと思います。

その他・バラエティ系

キャラメル

普通に思い浮かべるキャラメルの味です。高級ブランドによくある苦みのある大人なキャラメルというより、懐かしくてベタな感じのキャラメル。シェルはミルクチョコレート。子ども舌の私は好きな味です。

ソルテッドキャラメル

シェルはミルクチョコレート。しお味はそんなに感じませんが、キャラメルと食べ比べるとほんのり感じます。塩のかたまりのジョリッとした食感が私には本当に要りません。

ドルセ・デ・レチェ

ドルセ・デ・レチェとは、練乳を煮詰めて作る南米の伝統的な糖菓だそうです。シェルはミルクチョコレート。まろやかなホワイトチョコレートにドルセ・デ・レチェが溶け込んだフィリングは、そんなにホワイトチョコっぽくもなく、全体的にはキャラメルをまろやかにやさしくしたような雰囲気の味わいでした。

キャラメル2種とドルセ・デ・レチェ比較

シーソルト

シェルはミルクチョコレート。そんなに塩味は感じないなあと思っていると、塩のかたまりをかむような食感があり、そこから塩味がほんのり口の中に広がりました。

カプチーノ

上の画像ではちゃんと写っていませんが、ホワイトチョコレートのシェルにはコーヒーの細かい顆粒が練り込まれています。私はコーヒー味の何かをあまり好みません。でもこちらはホワイトチョコのシェルとカプチーノフレーバーのミルクチョコレートのフィリングのせいか、子ども舌の私にも美味しく感じられました。でもフィリングがなんとなく変な主張というか油っぽさを感じるような気がして、舌の調子によっては気になることがあるし、やっぱりコーヒー風味だなーと感じることもあります。

抹茶

ホワイトチョコレートのシェルに抹茶のフィリング。日本の和菓子メーカーがつくるようなしっかり苦みのある大人な抹茶チョコ感はありませんが、そこそこに苦みが感じられます。チョコ系以外のほかのフレーバーを感じるフィリングの中では、かなり好きです。

マール・ド・シャンパーニュ

包み紙の色合いがほかのリンドールとは一線を画すゴージャスなデザイン。シェルはミルクチョコレート。アルコール分が含まれたシャンパンのフィリングです。お子さまご注意。カットした瞬間からお酒の風味を感じます。そしてほかのリンドールと違い、流れ出るほどではないけどどろっとした粘度を感じるテクスチャのフィリング。販売時期が10月~5月に限定されています。私はウイスキーボンボンなども好きではない子ども舌なので、苦いとしか感じず、こちらの美味しさは全くわかりませんでした。

季節限定

ハート(バレンタイン限定)

リンドールを代表するボール型(キャンディタイプ)のミルクがハート形になりました。キャンディタイプの中に赤いハートがあるとアクセントになって素敵です。

ボール型のミルクと同じように、中身にもちゃんとフィリングが入っています。シェルの割合がリンドールより多い気がするので、フィリングはそんなに要らないという人にはいいかも。

ダークストロベリー(バレンタイン限定)

「ダークチョコレートのシェルに、ホワイトチョコレートがまろやかなストロベリー風味の甘酸っぱいフィリング。まるでダークチョコレートをディップしたイチゴを食べているよう」との説明があります。シェルがダークチョコレートなので、ストロベリー&クリームよりも大人な味。私は子どもっぽい舌なので、定番のほうが好きですが、このダークストロベリーはフィリングがしっかり甘いので、こちらも十分においしく感じました。

バレンタイン(バレンタイン限定)

正しくは「リンドールバレンタイン」という名前なのかもしれません。「ミルクチョコレートのシェルにホワイトチョコレートのフィリング」とのことで、定番のミルク&ホワイトと同じまたは激似のフレーバーです。クリスマス限定のスノーマンで定番のミルク&ホワイトと比べたときと同様に、原材料がすこ~~し違うのです。でも説明は同じ。ミルク&ホワイトと同じようなフレーバーという理解でよさそうです。

私はミルク&ホワイトが大好きなので、このバレンタインももちろん大好き。そして、とってもかわいいピンクの包み紙にハート模様がちりばめられていて、バレンタイン気分ばつぐんなところも気に入りました。実際には、気軽な持ち寄りなどのときは別として、この10個入りをギフトにすることは少ないと思うのですが、それでもとてもお気に入りです。

スプリング(春季限定)

ホワイトデーとイースターの時期に登場するスプリング。若草色のベースとピンクのちょうちょが描かれた春らしいパッケージも素敵です。中身はミルク&ホワイトと同じで、ミルクチョコのシェルにホワイトチョコのフィリングングです。

ナポリタン(春季限定)

こちらもスプリングと同様、春季限定品。ナポリタンアイスをイメージした、ホワイトチョコレートとダークチョコレートがマーブルになったフィリングを、ホワイトチョコレートにストロベリーパウダーを練り込んだシェルで包んでいます。

断面の見た目がすごく豪華でかわいい!これも子どもみたいな甘さで大好き。フィリングのダークチョコ風味はあまり感じず、私にはミルクチョコみたいに思えます。ストロベリーとホワイトの甘さが勝ってしまい、ダーク風味を感じられないのかもしれませんね。スプリングと同様、「ミルクとは他のフレーバーを」というときの候補です。アポロチョコが好きな人はきっと好きなはず♪

さくら&クリーム(日本限定・春季限定)

薄いピンクの包み紙がかわいいさくら&クリームは、日本限定かつおそらくですが春季限定のフレーバーです。「ストロベリーパウダー入りのホワイトチョコレートのシェルに、さくら風味のフィリング」という説明があり、ストロベリーパウダー入りのホワイトチョコレートのシェルの色はちょっとピンクがかっています。

で、問題なのがさくら味。私は桜餅を除き、春によく見かけるさくら味の洋菓子にさほど惹かれたことはなく、詳しくないので、踏み込んだレビューはできません。でもなんとなく「さくら味は淡い味なのだろう」と予想していました。実際にこのリンドールを食べてみると、フィリングが予想以上にしっかり味。どんな味とも何の味とも説明できないのですが、お酒入り?と一瞬感じるようなしっかり大人の味でした。「日本の季節を感じる味わいと香り」ということですが、私の感想はちょっと違いました、とご報告しておきます。

ブルーベリー&クリーム(春季限定)

webには「季節限定」との記載があり、おそらく春季限定のフレーバーです。シェルはホワイトチョコレート、フィリングにはブルーベリーパウダーが練り込まれています。

しつこく繰り返していますが、チョコど真ん中が好きな私にフルーツ系のフレーバーはそんなに響きません。ですがこの味はそんな私にも受け入れやすく、ブルーベリーのフルーツっぽさや酸味をほとんど感じない仕上がり。ブルーベリーのフレーバーはほのかに香るだけで、ミルクチョコベースのフィリングのこっくりした濃厚さのほうを強く感じられました。ミルクチョコ系が好きな方にはおそらく向いています。

ペパーミントクッキー(クリスマス限定)

包み紙の色合いからしてクリスマスの香りしかしないペパーミントクッキー。ココアクッキー入りのミルクチョコレートのシェル、なめらかなペパーミント風味のミルクチョコレートのフィリングの組み合わせです。私はミルクチョコが好きなのと、ミント系のガムなどのお菓子が苦手なので、このフレーバーは好みではありません。でもミントがとても強いわけではありませんでした。ペパーミントガムが好きな方にはむしろマイルドに感じるかもしれません。

スニッカードゥードル(クリスマス限定)

スニッカードゥードルとは、私は知りませんでしたが、シナモンシュガーをたっぷりとまぶしたアメリカではポピュラーなクッキーだそうです。 このクッキーの味わいをリンドールで表現したそうで、「シナモン風味のクッキー入りのホワイトチョコレートに、まろやかなホワイトチョコレートのフィリング」。ホワイトチョコづくしです!私はシナモン(ニッキも)は好きなので、このリンドールはイケるかも!と期待していました。

シナモンの風味はそんなに強くなく、残念ではありましたが、ホワイトチョコの美味しさがダイレクトに味わえるともいえて、それはそれでよかったのです。ただ、まろやかなフィリングが好きな私に、クッキーの歯ざわりが不要。やっぱり普通のホワイトでいいと思ってしまいました。

ジンジャーブレッド(クリスマス限定)

2021年に日本初登場のフレーバーだそうです。シェルはミルクチョコレート、ジンジャーやシナモンが香るフィリング。ビスケットも入っています。外国にはジンジャーやシナモンやスパイス系の入ったお菓子がよくありますよね。

このジンジャーブレッドは、ジンジャーだとははっきり認識できませんが、「よくわからないけどスパイス系のフレーバーが何か入っている」というのはすぐに感じます。そんなにガツンとした強さはありませんが、ふわりと、でも確かに香ります。ビスケットは説明では「サクサク」とありますが、私にはプチップチッとした歯触りです。リピはないな~という結論です。

スノーマン(クリスマス限定)

水色と白のベースにスノーマンの包み紙がとても冬らしくてかわいい!シェルはミルクチョコレート、フィリングはなめらかなホワイトチョコレートクリームです。なんだか定番のミルク&ホワイトと同じ組み合わせですよね。ミルク&ホワイトはパッケージを変えて春季限定のスプリングとして登場したこともあるので、今回もそうなのでしょうか。

スノーマンとミルク&ホワイトを比較

というわけで比べてみました!それぞれの写真で左がクリスマス限定のスノーマン、右が定番のミルク&ホワイトです。原材料をじーーっと見比べてみると、ほとんどの原材料は同じなのですが、微妙~~~に違うものがあります。また、原産国も違います。

そして、シェルの色はスノーマンのほうが少しだけ濃いです。海外のお品ですし、ロットの差と言われたら納得するかもしれませんが、違うのは確かです。食べ比べてみたところ、ミルク&ホワイトのほうが甘くて素朴な味のような気がしました。あくまで「気がした」程度なので、気のせいかもしれません。その程度の違いということで、ご参考になさっていただければうれしいです。

ミルクチョコ好きな私のBEST3は!?

先に謝っておきます。ミルクチョコ好き、ジャリジャリした食感不要な私による、まーーたくおもしろみのない順位です。

第1位/ミルク

リンドールに惚れたきっかけのミルクはやっぱりおいしいです!まろやかなフィリング最高。

第2位/ナポリタン

春季限定のナポリタン。ストロベリーもホワイトもチョコもぜ~んぶ一緒に味わえる、わかりやすい甘さが大好きな舌には贅沢な一粒です。外側のシェルのピンクも断面の見た目もかわいい。

第3位/ファッジスワール

ミルクチョコレートのシェルに、ホワイトチョコレートとダークチョコレートのフィリングが楽しめる、こちらも贅沢な一粒。ナポリタンよりもダークチョコの締め感が効いていて、ナポリタンよりはちょっぴりオトナの味わいです(といっても十分子どもの味です)。

次点/ミルク&ホワイト

子ども舌な私はこれも好きでした。ミルク以外にもミルクみたいな甘いの食べたい!でもストロベリーはあんまり好きじゃないという方には、このミルク&ホワイトがおすすめです。春季限定の「スプリング」と中身は同じ。クリスマス限定の「スノーマン」とも同じ、またはとてもよく似ています。

番外編(リンドール以外)

ミニゴールドバニー(春季限定)

イースター時期限定のようです。もっと大きなウサちゃんもいて、その子は立体的なリボンが首にかかっています。こちらのウサギは量り売りで選べた、小さめサイズ。中は空洞で、リンドールではありません。ミルクチョコレートだと思うのですが、私の舌か体調がおかしかったのか、「これミルクチョコ??」と感じました。

コイン

量り売りで選べるチョコでした。なんだか懐かしい気分になって購入。昔はこういうチョコがうれしかったですよね。中はまぎれもなくミルクチョコレート。美味しくいただきました。こちらもリンドールではありません。

リンドールはどこで買える?

ブティック&カフェ

店舗としての格が上だと思われるのが、ブティック&カフェ。チョコレート類のほか、ドリンクなども販売しています。上の画像はリンツ ショコラ ブティック&カフェ 表参道 フラッグシップのものです。独立店舗以外に、駅ビルやファッションビルの中に入っているケースもあります。

ブティック

チョコレート類の販売だけのいわゆるショップです。駅ビルやファッションビルでよく見かけますね。

オンラインショップ

公式オンラインショップがあります。楽天にも入っています。web限定品もあります。同じ味のリンドールが10粒入って1000円弱の袋は公式オンラインショップでしか買えません。ギフト系の品ぞろえも豊富で、手配もしやすいです。

輸入食材店やスーパー

品ぞろえが豊富というわけではありませんが、よく見かけるのはミルクやホワイトなどの代表的な味が5粒入った袋です。コストコでも売られているようです。

アウトレット

全国の複数のアウトレットに入店しています。価格情報は次の項目で詳しくご紹介しています。

アウトレットでの価格は?

普段いただくにしてはちょっぴりお高いリンドール。安く買えるならうれしいですよね。そこで、アウトレットにある店舗をご紹介します。

とても素敵な軽井沢のブティック

緑あふれる広大な面積に、ものすごい数のショップが立ち並ぶ軽井沢のアウトレット。リンツのショップはニューイーストというエリアにあります。連なる長屋式のテナントではなく、ちょっと贅沢な独立店舗。格子風の外壁も素敵です。

おなじみのチョコ職人おじさんのビジュアルが迎えてくれます。店内には、中央にピック&ミックス、壁際の棚にはアソート系が主に並んでいました。ドリンク類も販売されており、お会計のカウンターで注文できますが、イートインできるカフェスペースはなく、テイクアウトのみです。

ピック&ミックスがすごくお得!

ブティックの内容は、普通の市中にあるブティックとそんなに変わりません。詰め合せされたアソートパックとピックアンドミックス(好きなリンドールを詰め合わせる方式)です。詰め合せ商品はちょっと前の季節ものや、適宜アソートされたものなどがあるようで、私が覚えているのは300グラム入りパックが15パーセントオフでした。

それよりも断然安いのが、ピックアンドミックスです。100グラム買うくらいではそんなに安さを享受できませんが、500グラム買うとなんと25パーセントオフ!私のように「変わったフレーバー系は要らない」「好きなものだけほしい」「毎日のように食べたいからたくさんあっても困らない」という人は、ピックアンドミックスがおすすめです。

でも市中のブティックほどリンドールの種類が豊富なわけではないので、特定のフレーバーが好きという方には向いていないかもしれません。私はミルクとミルク&ホワイトとファッジスワール、そして少しのストロベリーがあればそれでよかったので、大満足の500グラム。私が買ったときは賞味期限が5カ月以上先でした。アウトレットでたくさん買えば、「1日1リンドール」な毎日も夢じゃありません!

※上記で紹介したアウトレットでの価格は、軽井沢プリンスショッピングプラザでの2021年の価格です。

リンドールと気温問題

冷蔵庫はおすすめしていない

リンドールはパリッとしたシェルととろりとしたフィリングの食感のコントラストが大きな魅力。チョコレート全般にいえることですが、美味しく味わうには、涼しい季節が向いています。リンツでは以下のような案内を公式に出しています。

チョコレートの保存は通常14度~18度が適温となります。 冷蔵庫では冷やしすぎ、ブルーミングの原因となり味を損なう場合がございます。 高温多湿を避け、涼しい場所で保管してください。

私の「溶けちゃってた」体験

リンドールと気温問題、私のこれまでの体感や経験はこんな感じです。

  • そんなに暖房をつけないわが家では秋冬や春先は室温でOK。ただし5月以降は冷蔵庫に入れたくなる。
  • ブティックでも4月か5月以降は保冷剤を入れてくれるイメージ。
  • 6月に軽井沢のアウトレットで購入した際、軽井沢は涼しかったので油断していたgため、東京に帰ってきたらシェルがどろりんとなっていた。東京の気温は25℃くらいだった。
  • 冬は暖房ガンガンで暖かい私の実家では、真冬の室温でもシェルがやわらかめになっていたので冷蔵庫へ入れさせている。

リンツは冷蔵庫保管をおすすめしていませんが、冷蔵庫に入れればシェルのパリッと感は保つことができます。ですがリンドールはフィリングのとろ~りなめらかな食感も命。シェルもフィリングも両方おいしくいただくには、秋から春先までが気温を気にしなくていいシーズンといえそうです。ギフトとして選ぶ際にも気をつけたいですね。

タイトルとURLをコピーしました