目の下のクマ(目袋)を除去したオペやその後をご紹介
スポンサーリンク

【画像有】大大大満足!手の甲と指のヒアルロン酸注入体験記

体のたるみ

【BeforeAfter画像有・口コミ・体験記】年齢とともに気になる手の痩せ。血管が浮き出た甲、シワシワの指。ずっと細々と気になりつつも、顔や痩身が優先でなかなか踏み切れていませんでしたが、やっと手背(手の甲)と手指の注入治療をしてきましたので、ダウンタイムや治療の感想やビフォーアフター画像などをご紹介します!実はひじにも入れてもらいましたが、画像がないので、体験記は手のみになります。

顔以外の部位へのヒアルロン酸注入は、特にメニューとして公式に掲げていなくても裏メニュー的に対応してくださるクリニックがけっこうあります。ネット検索で希望のクリニックが見つからない方や、手には顔ほどのお金をかけたくないという方は、お値段お安めかつ信頼できる先生に「手の注入はされていますか?」と聞いてみると、「実はやってる」なところもありました。指への注入に対応しているクリニックはまだまだ少ないですが、手の甲はけっこうな数の先生が相談に乗ってくださいました。ただし、注入に使う製剤が顔以上に多岐にわたるので、希望の製剤×お願いしたい先生×価格のすべてを追求すると顔よりもハードルが高くなるかもしれません。
スポンサーリンク

手はよく視界に入るから気になる

手のエイジングが気になり始めたのはここ数年。少なくとも7-8年前は気にしていませんでした。その後、手の甲が痩せてきたなーと徐々に感じ始めていたのはおぼろげに覚えています。そしてちょうど5年くらい前、忘れもしない新宿の居酒屋さんのタッチパネル(タブレット)式のメニューを押す自分の手の甲を見て、「・・・」「???」となったのが手の甲のエイジングにまつわる私のはっきりした最初の記憶です。でもその頃は顔のアンチエイジングでいっぱいいっぱい。手の甲も今よりはずっとましだったので、お金と気を回す優先度は低かったのです。

その後、手の甲の痩せや血管の目立ち、指の関節まわりのシワもどんどん気になるようになり、いつかなんとかしたいと思ってきました。顔のアンチエイジングは幸いにうまくいっていると自己満足ですが満足している中、ふと手を見たときに年齢を強く感じるのです。特に手は頻繁に視界に入るので、いやでも気になります。電車でもいろんな女性の手を観察してしまうようになりました。

「顔だけ若いのは変。手も同じようにアンチエイジングしたい!」という思いが日に日に強くなったある日、クリニックに電話して駆け込みました。

顔以外に女性の年齢が出る部位として、首や手がよく挙げられるようですが、私の場合は首よりも手の老化のほうが目立つ状態だったので、優先度は断然、手(と肘)でした。首も気になればそのうち何か注入すると思います。

スポンサーリンク

ヒアルロン酸を選んだ理由

以前から手への注入を検討していた私。ネット検索や先生への質問で調査してきた期間はけっこう長めです。注入物としてレディエッセを入れるクリニックもあれば、エランセや脂肪、PRP、FGF推しの先生もいらっしゃるようです。最近ではプロファイロやスネコスといった新しいタイプのヒアルロン酸も登場していますね。

私の希望は、長期持続型ヒアルロン酸。顔に入れたことがある既知の存在であり、長期間維持できるのが大きな理由です。何度か繰り返して注入しなければ効果が出ないタイプの注入物は面倒なのでできるだけ避けたい。日々加齢していく顔や身体のケアでただでさえ忙しいのに、手にそこまでの手間をかけたくないからです。

手の注入には顔ほど緻密なデザインや精度は求めていないものの、注入後の勢いをコントロールできない製剤は避けたい。そしてほかの製剤と違い、ヒアルロン酸は失敗すれば溶かせるという安心感もあります。目の脱脂手術の際に何かの注入を併用したほうがいいと先生に言われた私が、脂肪などではなくヒアルロン酸を選んだのも、同じ理由です。

手のヒアルロン酸注入BeforeAfter

手の甲に両手でボリューマを3cc、指にはボリフト(ボライトだったかもしれません。ボリューマよりやわらかいタイプ)を2cc入れました。手にはやわらかめのタイプを注入するのではと思っていたので、一番硬いボリューマと知って驚きましたが、私がお願いした先生のおすすめはボリューマだそうです。

適当な撮り方に後から気づいてしまいましたが、Beforeは手の甲をぴんと反らせ気味、Afterは自然にしているのでやや丸まり気味です。そのためBeforeの筋張っているようすが強調されているかもしれません。でも、Afterの手の甲がふっくら若々しくなっているのは一目瞭然。指の関節もしわしわが減っています。

こちらは平たい面に手を置いてみた画像。上と同じように左のほうが若干反らし気味なので完全にフェアな比較ではありませんが、右のほうが明らかにふっくらしています。うん、満足♪

次のタッチアップ時期は明確に定めていませんが、その後の減り具合や追加注入した場合のビフォアフ画像をアップする予定です。

手のヒアルロン酸の痛みやダウンタイム

手にヒアルロン酸を注入するのは痛いの?と聞かれると、注射なので全く痛くないわけではありません。が、麻酔で痛みがやわらぐので、おののくほどの痛さはなかったです。私は顔での注入経験があるので、痛みに関しては1ミリも気にしておらず、治療中に特に何かを感じることも、「痛いです」と申告することも一度もなく、平穏なまま終わりました。もっと嫌な感じの痛みや強い痛みがある部位は顔の中にたくさんあるので、顔に注入した経験がある方はおそらく大丈夫ではないでしょうか。

主なダウンタイムは針孔の跡と内出血です。私の場合は幸運にもどちらも想定内のレベルで、内出血はほとんどなく、針孔も順当に消えてくれたので、困るようなダウンタイムはほぼナシといえる状態でした。両手に複数の針孔や内出血があると人に会いづらいかもしれませんが、片手に少し残っている程度ならなんとでも思ってくれそうですし、言い訳もいろいろできます。隠したければ片手なら絆創膏を貼ってもよいですよね。手のダウンタイムについては他の部位よりは気軽にとらえてよさそうです。

仕上がりについては、そもそも手についてそこまで緻密なゴールを決めていませんでした。「このシワを浅くしたいです。ここは老けて見えるので消したくて、バランス的にここに多めに注入すると美しいと思います!」的なオーダーは存在せず、なんとなくざっくりした「筋張った印象や血管の浮きや関節のシワシワを和らげたいです」という希望のみ。ですので仕上がりに不満は全くありません。手の甲は施術直後にちょこっとふくらみが気になれば押さえる程度で、綺麗に仕上がったと思っています。

手にヒアルロン酸を注入した感想

やってよかった~!!です。手は毎日何度も何度も目に入りますよね。注入前は手を眺めては暗い気持ちになっていましたが、今は何度も何度も手を眺めてしまうし、見るたびに「❤」となります。

若かりし頃、ほしかった高価な指輪を買ってもらったときに、何度見ても飽き足りず、はずしたくなくてつけたまま寝て、指輪を眺めながら眠りについたことがあるのですが、そのことを思い出しました。でも、歳を重ねた今は思うのです。高いジュエリーをつけるよりも、手そのものが若々しいほうが価値がある!と。

手の甲や指への注入はとてもいい!というのが私の感想です。最後になりましたが、ひじへの注入ももちろんおすすめです。ひじはレーザートーニングやハイドロキノンで黒ずみ対策をしてきていますし、ヒアルロン酸でシワもやわらげたので、今度の夏はひじを堂々と出せます!

タイトルとURLをコピーしました