2021.10 ブログ開設のきっかけ!脱脂オペ体験記
スポンサーリンク

Panasonicナノイードライヤーの威力に遅ればせながら参りました!

オンナモノ・オンナゴト

家人が買ってきたドライヤーを使い続けていたものの、小さくパチパチと火のようなものが見えるようになってから久しいので、思い切って買い換えました。出資者は私!なので、人気のパナソニックのナノイードライヤーをついに買いました!

スポンサーリンク

ケンカの火種だった先代ドライヤー

このコイズミのドライヤーTinyには何の罪もないのですが、実は我が家ではケンカの原因になったことがあります。

理由もなくデパートに行くのが好きな女性が多いように、男性は〇〇カメラや〇〇デンキのような家電ショップに行くのが好きだったりしませんか?もう何年も前のこと、「行ってこようと思うけど、なんかいるものある?」と聞かれた私は、そろそろ買い替えなきゃとつねづね話題にしていたドライヤーを頼みました。

「パナソニックのいいやつ買ってきてね!」と何度もお願いしたのに、ドライヤーごときに高いお金を出すのが惜しかったのか、え!ドライヤーってこんなに高いの?と思ったのか、買ってきたのが上記の青いドライヤーだったのです。急に欲しいと言い出したわけではなく、以前から買物リストにインしていたアイテムなのに、です!

しかも、私が選んだら絶対に買わないであろうブルー。風量だって、美容院のドライヤーみたいにブオーーーーッと出るのがほしかったのに、何だか期待していたスペックと違う。かなり不機嫌になったのを覚えています。(くれぐれもこのドライヤーは悪くありません)

不満なら自分で買い替えればよいものを、美容クリニックには大枚はたくのにドライヤーにはなんだかもったいなくて(笑)、ずっと青いドライヤーを使い続けていました。が、ドライヤーの口からチラチラと赤い炎のようなものが見えるようになったので、満を持しての買い替えです!今回は私が自腹で買っちゃいますよ!

スポンサーリンク

迷いに迷って型落ちを選択

この記事を書いている2018年9月現在でのパナソニックのナノイードライヤー(ナノドラと呼ぶそうです)の最新型はEH-NA9Aです。大手有名ショップでの価格は、ざっと1万7千円以上。価格コムの最安値でも1万6千678円と、お高いです。

対して、昨年のクリスマスの時期に「買おうかな」と思ってブックマークしていた前機種のEH-NA99が、なぜか楽天ブックスで販売していて1万3千円台。最新機種のお値段を見た後だとなんだかお安く思えます。「クリスマスの時期にもしかしたら買っていたかもしれない機種なんだし」と思い、型落ちを買うことにしました。

色はホワイトとピンクゴールドとルージュピンクの3色展開。ルージュピンクを選びかけましたが、洗面所に置くとほかのアイテムのカラーリングと特に合うわけではないと思いなおし、無難な白にしました。

たしかにデカイ!です


CMを見て「デカそうだな~」と想像していた通り、実物も大きかったです。上下の写真で手の大きさを同じくらいに合わせてみました。パナソニックのデカさがおわかりいただけますでしょうか。

使い心地サイコー!

早速パナソニックのナノイードライヤーを使っています。大きい分、確かに重いのですが、テコの原理というのでしょうか、端っこを持ってドライヤーを動かすのにそう力はいりません。

何よりすごいのが風量。ブオォォ~ンッと吹いてくれて乾くのが早いです。そして、風の温度が温冷と自動的に切り替わり、熱くなりすぎないけどちゃんとすぐに乾きます。その上、髪がまとまる!ドライヤーでこんなに仕上がりが違うなんて、本当にびっくりです。素晴らしい文明の利器をこれまで使っていなかったことが悔やまれるばかり。次に買い替えるときもパナソニックにするつもりです!

タイトルとURLをコピーしました