2021.10 ブログ開設のきっかけ!脱脂オペ体験記
スポンサーリンク

アディクションのコンシーラーもハイライトもパレットにセット! 

-ハイライト

【スウォッチ画像有・コスメ口コミ】コンシーラーだけでなくスティックハイライトがパレットになったスキンリフレクト フレッシュ コンシーラーが2021年秋に新発売されました。中のカラーを入れ替えられるので、アイシャドウやチークをお使いでパレットをお持ちの方にはとても便利なアイテム。早速購入したのでスウォッチ画像や感想をご紹介します。ケサランパサランとイプサのコンシーラーとの色比較も!

スポンサーリンク

スキンリフレクトフレッシュコンシーラー基本情報

4色のコンシーラーパレット

これまでも上の画像と同じ大きさのパレットに入った「パーフェクト コンシーラー コンパクト」が展開されていましたが、このパレットはハイライトが入っているのが大きな特長だと思います。以下が公式サイトの説明です。

コントロールカラー・ハイライトカラーも一体となった、色と光を巧みに操る4色のコンシーラーパレット。薄膜かつ高密着なテクスチャーで、それはまるで塗っていることを忘れるような付け心地。肌に溶け込むカラーをレイヤードし、光のリフレクト効果で肌悩みを自然にカバー。最後にハイライトで光のアクセントを彩れば、これひとつで、素肌と一体化したようなフレッシュな仕上がりを叶えます。

4色の役割は?

左上がコントロールカラーで、もっとも赤みのあるカラーがセットされています。主にクマ用として使う方が多いのではないでしょうか。

右上がハイライトカラーで、アディクションのスティック状のハイライトであるザ グロウ スティックがセットされています。これについては次の項目で詳しくご紹介しますね。

下の2色がコンシーラーで、「明暗異なる2色のコンシーラーで、単色使いもブレンド使いも叶い、シミ、ニキビ跡、色ムラを自然にカバー」という説明がされています。

どのパレットにどのハイライト?

パレットの右上にセットされたコンシーラーの説明として「人気のザ グロウ スティックと同じカラーを、ハイライトとしてパレットにイン」とあります。2020年の冬に登場したスティック状のハイライトがセットされているのです。「ハイライトのどの色が入っているの?」と気になったので、店頭で聞いてみました!

まず、このコンシーラーパレットは、001 Ivory アイボリー、002 Beige ベージュ、003 Sand サンドの3色展開。スティックハイライトはパールタイプ3色とバームタイプ1色の展開ですが、コンシーラーパレットにはパールタイプ3色がセットされています。

「じゃあ001Pから003Pが順番にセットされているの?それとも同じ色のハイライトがどのパレットにもセットされているの?」と思いますよね。ちがうんです。パレットの001にはハイライトの001P、パレットの002にはハイライトの003P、パレットの003にはハイライトの002Pがセットされているのです。

パレット←ハイライト
001 Ivory アイボリー←001P Above the Moon アボーブザムーン
002 Beige ベージュ←003P The Sun I can Touch ザサンアイキャンタッチ
003 Sand サンド←002P When the Sky is Gold ウェンザスカイイズゴールド

アイシャドウのパレットに入れ替え自由!

アディクションは99色の展開を誇る単色アイシャドウが象徴的な商品。パレットに自由にセットできるのは知られていますが、そのアイシャドウと今回のコンシーラーやハイライトは同サイズ。大きなパレットに毎日必要なアイテムをずらりとセットするもよし、旅行用に少数精鋭のパレットをつくるのもよし。パウダー系とクリーム系を混在させるのがいやという方でなければ、好きなようにカスタマイズできます。パレットについては以下の記事でご紹介しています。

スポンサーリンク

私がこのパレットと002Beigeを選んだ理由

私はちょっとしたお出かけや軽い旅行ならコンシーラーを持って行くことはありません。ちゃんと肌をつくりこみたいシーンがある旅行に、コンシーラーとハイライトをコンパクトにして携帯できるなら便利そうと思ったのが、このパレットでした。コンシーラーとハイライトを2つセットするか、それともアイシャドウやブラッシュなどと組み合わせるかは定かではないのですが、お目当ては上の2色で、下の2色は眼中になかったです。

そして、普段のクマ隠しのコンシーラーとして、ケサランパサランのパレットの左側のオレンジ色を主に愛用していることから、近い色を希望していました。となると、001Ivoryの左上の色はあまりにも白っぽすぎてナシでした。

残る002 Beigeと003 Sandのうち、002 Beigeにはハイライトの中で濃いなと思って買わなかった002Pがセットされていました。なので、002Pのハイライトがセットされている003 Sandはナシ。というわけで、002 Beigeのパレットにめでたく決定したのです。

左上のクマ用カラーがちゃんと赤く(オレンジで)、右上のハイライトが濃すぎない色という選択で進むと、002Beoge一択になりました。

002Beigeをスウォッチ

テクスチャは、クリーミーではありますが、ケサパサのほうがよりクリーミィで伸ばしやすいです。色はこの画像だけだとわかりにくいので下の比較画像もご覧ください。ハイライトは以下の記事をご覧いただくともう少し伝わると思います。

ケサパサやイプサと色比較

左がきっちりクマ隠ししたいときに出動させているケサランパサランのアンダーアイブライトナー(ファンデーション)、右ができもの隠しや小鼻にときどき使っているイプサのクリエイティブコンシーラーe<部分用ファウンデイション>(SPF25 PA+++)です。この3パレットの比較スウォッチを下のほうでご紹介します。

ケサパサとイプサの詳細な比較スウォッチは以下記事にあります。

ケサパサの左のオレンジとアディクションの左上のオレンジがまあまあ似ていますね。厳密にはとても似ているというわけではなかったですが、同じ役割を果たす色です。

アディクションの下の2色とイプサの下の色がなんとなくリンクするようなしないような・・・という雰囲気です。

下2枚は同じ画像のトリミング違いではなく、一応別の画像です。一番左の1色はケサパサ2色をミックスさせています。コンシーラーをお探しの方のご参考になればうれしいです!

タイトルとURLをコピーしました