目の下のクマ(目袋)を除去したオペやその後をご紹介
スポンサーリンク

イエベ春の私が買ったアディクションのザブラッシュ

-チーク

【スウォッチ画像有・コスメ口コミ】アディクションのチークが2021年末にリニューアル。3の質感・全28色の「うつりゆく空のように、エモーショナルに頬を彩る」チークが誕生しました。リニューアル前のチークをいくつか買ったことがありますが、「粉っぽい」としか思いませんでした。今回のリニューアルでは、「粉をオイルでコーティングしたスキンメルトテクノロジー」とのことで、テクスチャーの向上が期待できそう。というわけで、数は少ないのですが色の違いや感想をご紹介。アンポリッシュ ジェムとも比較します。

スポンサーリンク

単色でも♪パレットケースに入れても♪

アディクションのザ・ブラッシュは、購入時のケースに入ったままでももちろん使えます。

こんなふうにフェイスパウダーやアイシャドウ、コンシーラーなどと組み合わせてセッティングして使うこともできます。この上のケースの半分の大きさのケースになら、ザブラッシュを2つ、たとえば一つはマット、ひとつはキラキラニュアンサーをセットしても楽しいですね。

アディクションの他のアイテムは以下にて記事にしています。

スポンサーリンク

ピンクピンクしないピンクを3色

つい可愛いピンクやコーラルを買ってしまう私。でも、リップも明るめのピンク系が好きだし、アイメイクもブラウン系でまとめずピンクやオレンジを使った日は、チークの色もピンクだと、うるさいんですよね。そこで最近は、あまりピンクピンクしていないチークをあえて買うようにしていました。

手前のモザイク状のチークは「ザ ブラッシュ アンポリッシュ ジェム」で、今回のリニューアル品ではなく、リニューアル前時代の限定色。ですが、同時期に発売された「ザ アイシャドウ アンポリッシュ ジェム」の説明にスキンメルトテクノロジーとあり、ちょっとはしっとりしているのかなと想像して購入しました。102 Laguna Agate ラグナ アゲートという色で、ラグナアゲートのようなピンク(コーラルベージュ・青みピンクの顆粒入り)です。

その隣はリニューアル後の003P Foggy Rose フォギー ローズという色で、朝露をまとったようなフォギーローズという説明があります。色番についている「P」からわかるように、パール入りのカラーです。

008M Timeless Petal タイムレス ペタル(花びらを想わせるローズベージュ)は、「本来は明るくかわいいコーラルピンクが好きだけど、いろいろとメイクの色がぶつかるので、あまり主張せずに肌になじむ色を。でもクールなブラウンとかはイヤ」という私のリクエストを伝え、選んでいただいた色です。

手前が003P Foggy Rose フォギー ローズ(朝露をまとったようなフォギーローズ)です。その奥の008M Timeless Petal タイムレス ペタル(花びらを想わせるローズベージュ)を買った後で、「あまりピンクが強くない、でもピンク系で、肌なじみがよくて、すでに持っている008Mがマットなので、できたらパールで」とリクエストをして見せていただいた中から決めました。

スウォッチ画像

左から、102 Laguna Agate ラグナ アゲート(ラグナアゲートのようなピンク)、003P Foggy Rose フォギー ローズ(朝露をまとったようなフォギーローズ)、008M Timeless Petal タイムレス ペタル(花びらを想わせるローズベージュ)です。左のほうは指で何度もごしごし塗り、徐々に薄くふんわり塗り広げるようにしました。

アディクションのアイシャドウは、マットが発色かなり控えめという傾向なのを感じています。チークも同じように、マットの発色がとても控えめでした。真ん中のパールタイプが最も発色がよかったです。不思議なのは、指でとったときにダマができやすいのはいつもはマットタイプなのに、このチーク3色に限っては真ん中のパールタイプのほうがダマダマでした。

色については、一番左と一番右は似ていますが、強いて違いを表すなら、一番左が落ち着きコーラル、一番右が明るめコーラルです。真ん中の003P Foggy Rose フォギー ローズは、もっともダークで落ち着いた大人レッドで、2022年夏の限定色のアイシャドウ105P Clear Petal クリア ペタルがお好きな方はきっと好き。なぜなら003P Foggy Rose フォギー ローズにパールを増やしたような色だからです。

それからマットとパールの違いが曖昧だと感じました。パール色展開の中でも、とてもパール感を感じるカラーもあれば、真ん中の003P Foggy Rose フォギー ローズ(朝露をまとったようなフォギーローズ)のようにそれほど感じないカラーもあります。

ネットの情報では、マット色でもほんのりじんわりパールを感じるものもあるそうで、一番右の008M Timeless Petal タイムレス ペタル(花びらを想わせるローズベージュ)はマットですが、正直、真ん中と一番左を比べてみると、どちらがパールでどちらがマットか区別できません。でも上の3色はどれも素敵な色で気に入っています。

特によく手が伸びるのが、一番右の008M Timeless Petal です。アイメイクやリップの色を選ばない、使いやすい自然な血色カラーです。真ん中の003P Foggy Rose はブルベ向きだと思います。好きな色なのですが、私がつけるとちょっと主張が強くなるので、あっさりめにつけています。

さらになじむカラーも追加♪

左から、005M Nude Romance ヌード ロマンス(肌に溶け込む上品なピーチベージュ)、007M Rose Latte ローズ ラテ(気品のあるスモーキーローズ)、上の方でもご紹介した008M Timeless Petal タイムレス ペタル(花びらを想わせるローズベージュ)です。

コーラルピンクだけど主張しすぎず、肌に程よくなじんで溶け込む008M Timeless Petal タイムレス ペタル(花びらを想わせるローズベージュ)が気に入り、その系統でさらに色の主張がなかったり、ちょっと気分を変えたいときの色を店頭で相談して買いました。いずれもマットタイプです。ニュアンサーもすすめられましたが、まるでハイライトのようなので、まっとうで使いやすいチークを求めました。

手前が005M Nude Romance ヌード ロマンス(肌に溶け込む上品なピーチベージュ)、その奥が007M Rose Latte ローズ ラテ(気品のあるスモーキーローズ)です。

手前が007M Rose Latte ローズ ラテ(気品のあるスモーキーローズ)、その奥が008M Timeless Petal タイムレス ペタル(花びらを想わせるローズベージュ)です。

スウォッチ画像

左から、005M Nude Romance ヌード ロマンス(肌に溶け込む上品なピーチベージュ)、007M Rose Latte ローズ ラテ(気品のあるスモーキーローズ)、008M Timeless Petal タイムレス ペタル(花びらを想わせるローズベージュ)です。右のほうは指で何度もごしごし塗り、徐々に薄くふんわり塗り広げるようにしました。

左の005M Nude Romance ヌード ロマンス(肌に溶け込む上品なピーチベージュ)は発色控えめで、名前の通りベージュっぽいですがちゃんとピンク味もあります。たくさんつけてもおてもやんになりにくく、アイメイクやリップの色の主張が強いときに、「一応チークは塗ってます」というアリバイづくり的なチークとして陰影を添えるのにぴったりです。変な誉め方ですね・・・

真ん中の007M Rose Latte ローズ ラテ(気品のあるスモーキーローズ)も、名前どおり、くすんだ赤ピンクです。発色はこの中では一番よいです。上の方でご紹介した色とちょっと似ていると感じたので、この下の項目で比較画像を掲載しています。

ダマっぽさがよくわかるのは右ですが、指で取るとどの色もダマというかかたまりはできます。ただ、以前のアイシャドウのように乾いたパサパサな粉っぽさではなく、水分(油分)で結びついているようなダマっぽさです。指ですーーっとすべらせると、しっとり結合しているパウダーが丸まって指についてくるといったイメージでしょうか。だから、以前のアイシャドウのようにブラシでつけたときにポロポロしてくる感じではないので、実際の使用では気になりません。

そして、画像ではうまく伝えられていませんが、マットといえどもどれも控えめにきらめきとツヤがあります。大げさなパールがいやだけどマットど真ん中すぎるのはいやという人に向いていそうです。

くすみレッド3色を比較

左から、102 Laguna Agate ラグナ アゲート(ラグナアゲートのようなピンク)、003P Foggy Rose フォギー ローズ(朝露をまとったようなフォギーローズ)、007M Rose Latte ローズ ラテ(気品のあるスモーキーローズ)。系統が近いかなと感じたくすみレッド系を並べてみました。

スウォッチ画像

右の2色が発色のよさとくすみ加減が似ているといえば似ています。ただ、画像では右の007M Rose Latte ローズ ラテ(気品のあるスモーキーローズ)が暗く沈んで濃く見えますが、私の手元で見ると、真ん中の003P Foggy Rose フォギー ローズ(朝露をまとったようなフォギーローズ)のほうが落ち着いていて発色強めです。

上の方にも書きましたが、指でとると最もかたまりになったのは真ん中の003P Foggy Rose フォギー ローズ(朝露をまとったようなフォギーローズ)です。

セザンヌのチークと比較

全く脈略はありませんが持っている方が多そうなセザンヌのパールグロウチークと勝手に比べてみました。上段外左から、102 Laguna Agate ラグナ アゲート(ラグナアゲートのようなピンク)、003P Foggy Rose フォギー ローズ(朝露をまとったようなフォギーローズ)、008M Timeless Petal タイムレス ペタル(花びらを想わせるローズベージュ)。下段は左からセザンヌのP1ゴールドピーチ、P2ベージュコーラル、P3シナモンオレンジを並べています。

上の方で塗ったアディクション3色のその下にセザンヌを塗っています。ちょうど腕の曲面にあたるので光の具合で見え方が変わるため、角度を変えた複数枚の画像を載せます。こうやって見るとセザンヌのP1ゴールドピーチはかなり明るいです。最近好んで使っているのがP2ベージュコーラルなのですが、購入したアディクション3色につながるような色味の近さを感じます。

とりたてて大きな意味がない比較なのでオチもよくわからない感じですみません。

タイトルとURLをコピーしました