目袋オペ記事に2021年の画像・情報を追記済(3月)
スポンサーリンク

ねっとりとサラサラの中間がいい感じ♪エテュセのスティックハイライト

-ハイライト

【スウォッチ画像有・コスメ口コミ】新しくなったエテュセから登場のスティックハイライト「エテュセ フェイスエディション (カラースティック)01 ハイライトの感想とスウォッチ画像などをご紹介します。シャネルとの比較も!

スポンサーリンク

棒ハイライトはシャネルが好き!

エテュセの紹介なのにいきなりシャネル押しで申し訳ありません。スティックハイライトはシャネルののボームエサンシエル(スカルプティング)を気に入っています。ほかにもスティック状のハイライトを使いましたが、スティックハイライトは使うのが面倒に感じることがある上、クリーム状かと思いきやサラサラパウダーだったりして、しっとり好きな私のお気に入りにはなりませんでした。

今回エテュセの棒ハイライトを購入したのは、店頭で質感を確認してみたら、「シャネルのハイライトみたいなぬめぬめアイテムはどうなの?と思いつつあるマスク生活の中、ちょうどいいしっとり具合かも」と思ったためです。

01ハイライトをスウォッチ

エテュセ フェイスエディション (カラースティック)の他の色展開は赤みのあるチークで、この01番だけハイライトです。

さっとひと塗りと、重ね塗りと、2つの塗り方をしていますが、肌との違いがわかりにくくて申し訳ありません。そんなにキラキラも強くないですよね。とても控えめなハイライトで、悪くいえば存在感が薄いですが、よくいえば使いやすいです。マスク生活の今、この控えめさと、ねっちょりしていないほどよいしっとり感がいい感じに思えています。もちろん、プチプラなのも評価を底上げしています!

シャネルと比較

左がエテュセのフェイスエディション (カラースティック)01ハイライト、右がシャネルのボームエサンシエルのスカルプティングです。この写真ではテクスチャーの違いは伝わりにくいのですが、色味や輝きがシャネルに比べて控えめなのがなんとなくわかりますよね。

シャネルとの質感の違いがわかる画像がありました。指先だけの写真で申し訳ないのですが。左の2色はアディクションなので今回は無視してください。アディクションのスティックハイライトの記事はこちらからどうぞ。左から3番目がエテュセ、一番右がシャネルです。左のアディクションほどのパウダーっぽさはないけれど、右のシャネルほどのねちっこい湿度はないです。湿度はあるけど低めなんですね。

このように、シャネルよりはねっとりぬめぬめキラキラしていないので、シャネルを使わないときのナチュラルな日常ハイライトとして使うにはちょうどよいと思っています。これよりパウダーっぽい仕上がりを求めるときには、素直にパウダーハイライトを使います。

アディクションと比較

アディクションとの比較画像を発見したので追加掲載しておきます。アディクションのスティックハイライトの記事はこちらからどうぞ。

左から、ザグロウスティック001Pと003P、エテュセのフェイスエディション (カラースティック)01ハイライトです。アディクションのハイライトはサラサラしているけどパサパサではないテクスチャーです。それに比べてエテュセは湿り気がある見た目なのがわかります。

タイトルとURLをコピーしました