2021.7 マスク記事にピーチメルバとシュガーピンク追加
スポンサーリンク

眼輪筋マッサージもフェイササイズももちろん試してみた

目の下のたるみ(黒クマ・目袋)

眼輪筋(がんりんきん)マッサージ、フェイササイズ、造顔マッサージ・・・。目の下のたるみや頬のゆるみなどが気になったことがある人は、おそらく一度は試したことがあるのではないでしょうか。クリニックに行かなくてもいいし、リスクもないし、お金はかからないしということで、私ももちろん試しました。今回の記事は、造顔マッサージ以外は「続かなかった」という回顧録で申し訳ないのですが、たるみ対策の履歴として残しておきます。

スポンサーリンク

眼輪筋(がんりんきん)マッサージ

眼輪筋とは、ざっくり言うと、目の周囲にある筋肉です。目の下のふくらみは、目袋を下まぶたが支えきれなくなって前に出てきたものなので、目の周りを走っている眼輪筋を鍛えるとよいとして、目元のたるみに効くマッサージ法が紹介されています。

下まぶたに力を入れて引き上げるようにして「まぶしい」という目つきをしたり、目尻のあたりを押さえてキツネ目をしながら下まぶたを上げたりといった方法が知られているようです。とても短い間なのですが、この眼輪筋トレーニングを私も試したことがあります。あられもない変顔になるので、トイレの個室で実行したり、トイレに誰もいないときに鏡に向かってちゃちゃっと試したりが多かったですね。各ステップをちゃんとするのではなく、テキトーにしていました。

ですが残念ながら続かなかったので、効果のほどはわかりません。続けていたらたるみが改善したのかな?とも思いますが、私のようなひどいたるみには効果があったとしてもわからなかったのではないかとも感じます。たるむ前から習慣にして予防していたらずいぶん違ったのかもしれませんが・・・

スポンサーリンク

フェイササイズ

こちらも変顔で顔の筋肉を鍛える筋トレです。二本の指で目頭と目尻を押さえて見上げたりとか、口を思いっきりすぼめたりする系です。頬の位置が上がれば目の下のたるみが目立たなくなるというのは理論的にはとてもよくわかります。現に私は、経結膜脱脂手術でふくらみを取ってはいますが、ウルセラで頬を上げることでも、かなりの悩みを解消しているわけですから。

ただ、フェイササイズも続かないんです。私がアホすぎるのだと思うのですが、3つ以上の動きやステップがあると秒数まで覚えるのが面倒だし、やっててせかせかしちゃいます。美容系やダイエットのストレッチもそうですが、「簡単!たった☆分!」とあっても、実際は何種類かの運動があって、そこそこ面倒くさい。やーめた!となりませんか?せめて「朝はAの動きだけ」「夜はBの動きだけ」だといいんですけどね。というわけで、私のフェイササイズは続きませんでした。

余談ですが、音楽の世界にいる知り合いが、「そういえばボーカルの人って歳をとっても顔がたるんでいない」と話していました。普段から顔の筋肉をしっかり動かしている人はたるみが少ないのでしょうね。そういう意味では、フェイササイズをちゃんと継続できる人やたるむ前から実行している人は、たるみにくいのかなと思います。手遅れになる前に試すべし!?

美顔器の類も検討

自分でどうにかできないかと考えていたので、美顔器の購入も真剣に検討しました。気になっていたのは、目の下にもあてられるというミス・アリーヴォというもの。けっこう高額なんですが、ずっと使えるし、自宅でやって少しでも改善するなら・・・と望みをかけていました。が、本当によくなるのかの確信が持てず、買ったとしても私の性格上続かないのではないかという危惧もあり、購入には至りませんでした。

昔話/造顔マッサージ

約10年前の話で恐縮ですが、SUQQU(スック)の造顔マッサージ、実行したことがあります。その頃はまだ目の下のたるみに悩んでもおらず、ちょっと顔が太ってきたかな~と気になり、当時話題のスックのカウンターへ行ってみたのです。今思えば、当時の「ちょっと太ったかな~」は、とっても可愛いレベルでしたが。

「顎関節症になったことがある人にはマッサージできません」みたいなことを言われ、「なったことないです」と答え、お試しマッサージをしていただきました。美容部員さんによるマッサージはかなり強力で、「痛い!」と思うときもありました。でもマッサージを終えて鏡を見ると、明らかに頬のラインが違う!すごい!と思いました。正直、マッサージ用のクリームは他社の安いもので代用できるだろうなと思いましたが、行きがかり上、スックの高価なクリームを購入しました。マッサージのレッスン代ですよね。顔の筋肉痛のようなものは翌日も続いたのを覚えています。

その後、DVDと小冊子を見て何度かおさらいし(本気です)、1ヵ月ほど造顔マッサージを続けました。部屋にいると何かとやることがあってマッサージをしようという気分に行き着かないので、入浴中に実行していました。お風呂ではDVDも小冊子も見れないので、もちろん暗記してたんですよ!お風呂の中だったので、クレンジングか洗顔のときにやっていました。スックのマッサージクリームはほとんど使いませんでしたね・・・。けっこうな数のステップがあるのに、よく頑張ったなと思います。いくら顔やせできても、もう今はできない気がします。あんなに覚えられません・・・

この頃、辛口の身内を含め、複数の人から「やせた!?」と言われることが続きました。明らかにスックのマッサージのおかげだと思いました。ですが、周囲の評価に安心し、マッサージに飽きてきたこともあり、そのうちやめてしまいました。

ちなみに、現在のスックは「顔筋マッサージ」という名前で紹介しており、私が実行していた「造顔マッサージ」とは内容が違うようです。スックをプロデュースした方が変わったせいだと思われます。

タイトルとURLをコピーしました