目袋オペ記事に2021年の画像・情報を追記済(3月)
スポンサーリンク

気づいたら増えてた!アルティザン&アーティストのコスメポーチ

オンナモノ・オンナゴト

【口コミ・レビュー】ちょっぴり整理魔のケがあるかもしれない私。使いやすそうなポーチやバッグインバッグには目がありません。バッグの中は必要最小限にと心がけていますが、震災以降はちょっと常備物が増えたし、時代の流れもありモバイル関連ブッズが必需品になりました。そのときどきで「私の今の荷物にちょうどいい」と思われる機能的なポーチを買ううちに、ARTISAN&ARTIST(アルチザン&アーティスト)の化粧ポーチがけっこう増えていたのに気づいたので、中身やポケットがわかる画像や大きさ別の比較、使い心地などをまとめて口コミ&比較レポします。エルメスのボリードのバッグインバッグにぴったりのポーチもご紹介します。

スポンサーリンク

私が化粧ポーチを選ぶ基準

以下のような条件を満たすものはなかなか少なく、特にファンではないけどアルティザン&アーティストのポーチにたどり着いてしまいます。柄が可愛いポーチは多々あれど、中面の片側に「仕方なくポケットつけました」的なものが多く、ファスナーはなし(工賃高くなるでしょうしね)。仕切りも外ポケットもついていないんですよね。

外ポケットは重要です!

一番さっと取り出したいものを入れておくのに、外ポケットは必要です。たとえばバッグインバッグを兼ねて使うときは、スマホを入れます。できれば両サイドについていてほしいです。片方のポケットがファスナー付きならなおよし。

ポケットたくさんは当たり前

真ん中の空間がどかーんとあるだけのは使いづらいです。メインスペースの両サイドはくまなくポケットで埋められており、そのうち適度な数のファスナー付きポケットもほしいです。ファスナーつきポケットがないと「安くすまされた感」満載です。工賃がかかるから当たり前ではあるのですが、ノベルティや付録のポーチは、ファスナーポケットがとても少ないものが多いので、使いやすいポーチがほしいと思うと、品質に見合う金額を出すしかありません。

2室に分かれていてほしい

こまごまと場所を固定して入れたいタイプなので、メインスペース+両サイドポケットだけでは足りません。2室に分かれていてほしいです。

便利な持ち手つき

カフェやレストランで、一人のときはバッグごとお手洗いに持って行きますが、同席者がいるときはバッグは席に置いておいてポーチだけ持ってお手洗いに行くことがあります。そのとき、トイレのどこにポーチを置こう?となるのがいやなので、ドアのフックにかけておける持ち手つきが好きです。

バッグインバッグは愛用に至らず

一時期はバッグインバッグにはまっていろんなタイプを試したこともありました。私はバッグインバッグ+ポーチを持ち歩くという選択はありえないので、コスメ類もバッグインバッグに入れます。すると、お手洗いに行くときにバッグインバッグを携えていくことになります。そのときに人目に耐えうるデザインのバッグインバッグって、少ないな~というのが実感です。

それから、私には開口部のファスナーが必須。出張で飛行機に乗って棚にバッグを置いたとき、離着陸の振動でバッグがあちこちに動きますよね。万一、中の小さなモノたちがバラッとこぼれ出るのを避けたいためです。

これでもか!とポケットがついているバッグインバッグは多いけど、外にはついていなかったり、ヨレやすい素材でモノを入れづらかったり、中面の片方サイドにしかついていなかったりします。私は大きなメインスペースがガン!とあるよりも、全ての小さなものがぐちゃぐちゃせずに収まるポケットがたくさんほしいタイプなのです。メインスペースが大きくてポケット不足だと、薄めのダブルファスナーポーチを入れてこまごましたものを収納するはめになります。

このような事情から、無印の整理ポーチも大流行したルートートもタンタマールもリルビーも愛用には至りませんでした。最近はポーチばかり探しています。

猫のジュリエッタは好きだけど・・・

私が持っているポーチは、アルティザン&アーティスト定番の恋するジュリエッタがほとんどです。猫もピンクも好きなのですが、ラインナップの中で他に迷うべき柄がないというのが現実。強いていえば一番好みというレベルの消極的な選択です。もっとキュンキュンする別の柄もほしいと以前から思っています。

個人的な印象ですが、アルティザン&アーティストのセンスはなんとなく男っぽいです。コスメ柄やハイヒール柄や星柄なども頑張って出してくれているけど、うーん・・・すごく買いたい!とまでは思えないんです。大昔にリズリサやアフタヌーンティーとコラボしていたときに買っておけばよかったーと思うくらい、心躍る柄が少ないです。ポール&ジョーなどのガーリーなブランドとコラボしてくれたらいいのになあ。

いろいろ入るビューラーポケット付きポーチ

猫のジュリエッタと迷い、最初に買ったのがシャンパンゴールド。あまり心ときめかなかったので、後からジュリエッタも買いました。大きさや仕様は同じですが、ゴールドのほうが生地が厚い感じで、ジュリエッタのほうが生地が薄い分スリムな印象です。重さにも差があって、ゴールドのほうは192g、ジュリエッタは146g。全体重量に対する割合からすると、かなりの違いです。

サイズはヨコ幅W20センチ×高さ10.5センチ×マチ厚み8センチくらい。それなりにデカイ!です。このポーチはとにかく細切れでポケットが用意されており、入れ場所を考えながら収納するのが楽しみな人はワクワクするはず。1泊分のスキンケアをパウチタイプで用意すれば、翌日の身づくろいができる程度のものは十分に入るので、いつものポーチを入れ替えずに出張にそのまま出張に持って行くということも可能です。その反面、普段のポーチはこんなに大きくなくてもいいという方も多数いるはずです。

2室タイプでダブルファスナー。このつくりに慣れると、他のポーチが使えなくなります。ダブルファスナーじゃないポーチの不便さといったら!

まず片方のお部屋を開けてみるとこんな感じ。透明ポケットは本来ビューラーを入れる用です。ブラシをこんなに持ち歩かないという方は、ブラシホルダーにはマスカラやアイライナー系を入れてもいいですね。私は一時期ペンもさしてました。

透明ポケットを持ち上げるとその下にもポケットがあります。

リップ入れの手前にはゴムバンドがあり、ペンシル類を斜めにしておくことが可能。ビューラーを持ち歩かない私は、ビューラーを入れるべき透明ポケットに目薬を入れています。季節によって、ドライアイ用やらアレルギー用やらに変化します。お薬ポーチを別に持ちたくない私は、お薬やヘアゴム、コンタクトレンズもIN。コスメ以外のものがけっこうあれこれ入ってます。歳だな~

もう一室は片側にメッシュのファスナーポケット、片側はオープンポケットが2つついています。メッシュのファスナーポケットには、ソフィのスリムタイプがキレイに収まるので、ここが定位置。美しくないものを見せてしまう写真で恐縮ですが、実際の使い方をお伝えできたほうがいいと思うので、載せちゃいました。リップはここには入れませんが、ポケットのようすをわかりやすくするために入れています。

ゴールド色のポーチのほうはこんな感じ。中身がブラウンとベージュでまとめられた、落ち着いた雰囲気です。

真ん中のメインスペースは、コンパクト類を2列に重ねても余裕があるくらいの広さです(黒っぽいケースが多く映りづらかったので奥に充電器を入れています)。ファンデーションコンパクトで一列、チークやシャドウ類の小さなコンパクトを並べて一列、というように使えます。また、下地などのミニボトル類を入れるという使い方もできます。私はチークとプレストパウダーのコンパクトしか入れていません。

外ポケットは、ティッシュやウエットティッシュなど、さっと取り出したいものを入れておきます。

日常コスメがちょうどよく入るスリムなスペシャリストポーチ

ヨコ幅W16.5センチ×高さ8.5センチマチ厚み5センチ。これより少し大きいスペシャリストポーチというのがあるのですが、ビューラーポーチを持っているため、サイズ感が似るのを避けたくて、このスリムタイプを選びました。外ポケットはついていません。

マチの薄いほうを開けると、全面を使った透明ポケットとブラシポケットがあります。ブラシポケットの後ろにも全面ポケットがついています。

お見苦しくて申し訳ありません。透明ポケットにはお約束のソフィも入ります。透明ポケットにはあまり入れたくないと思いますが、参考まで。

もう片方の厚みがあるほうのポケットは、ファスナーが下までついていないのでパカッ!とは開きません。また、両開きでもないです。コンパクト類やリップなどがちょうどよく収まります。

最小限のコスメを入れるなら!のミニマムポーチ

ヨコ幅140センチ×高さ85センチ×マチ厚み50センチくらい。小さいです!小さなバッグで出かけるときや、ガン!とメインのコスメ類などを入れたポーチとは別に最小限のものを携帯するときのために買いました。

コンパクトさがウリのポーチなので、一室タイプ。内側の片面は大小のポケットがついています。

もう片方のサイドには、透明ポケットが全面についています。見づらい写真で申し訳ないです。

中にモノを入れるとこんな感じ。メインスペースのコンパクトの右、リップの手前に入れているのは、目薬です。小さなポーチなので収納力はさほどありませんが、きっちり入る感じはさすがです。しつこいですが、外ポケットがあるとぐんと便利になると思います。使いたくない人は使わなければいいのですし・・・

実はこのポーチ、あまり使っていません。小さなバッグでちょっとお出かけ♪というシチュエーションがほとんどないことに買った後で気づきました。歳をとって荷物は増える一方だし、仕事以外ではあまり出かけなくなったのです・・・。

バッグインバッグになる!ポーチバッグ・トラペゾイド

ヨコ幅25センチ×高さ14センチ×マチ厚み9.5センチくらい。持ち手つきという意味ではビューラーポーチもそうですが、あちらはどう見てもコスメポーチ感が強いのに比べ、こちらはミニバッグの様相が強いです。特にコスメに限定せず、社内を持ち歩くときに必要なモノを入れるというミニバッグにしてもよさそう。

上方に向かって細くなっているので、このポーチの最大サイズの印象ほどはバッグの中でかさばりません。上のほうでご紹介しているビューラーポーチのほうが小さいのですが、モリモリに入れると、ガン!と真四角になるなので、それなりにかたまり感があります。

外ポケットが両側についています。どちらもファスナーはついていませんが、両側にポケットがあるのでとても便利!片方にウエットティッシュ類、もう片方には名刺入れとペンなどを入れています。バッグインバッグ的に使うときはスマホを立てて入れてもいいですね。「さっと取り出せる」が多いのは役立ちます。

外から見ると一室タイプですが・・・

ファスナーを開けるとファスナーつきの仕切りポケットが中央にあり、2室に分かれています。中央の仕切りポケットには、あまり見せたくない歯ブラシや一回分ずつ入っているパウチタイプのうがい薬を入れたりしています。

このポーチに対して壮大なダメ出しをしたい点がひとつあります。それは、ファスナーポケットの下がちゃんと縫われていなくて、「ツーツー」なこと。これはいただけません。細かいものを入れるとあっちの部屋へ移動してしまいます。なんとかしてほしいものです。

こちらのお部屋のほうに、コスメ以外のものを入れることが多いです。モバイル関連グッズ、小さなノートや手帳など、いろんなモノを収納できます。でも、夏場に扇子を入れたら中央の仕切りポケットの下をかいくぐって隣室へ動いてしまいました・・・。側面にはメッシュ素材のファスナーつき全面ポケットがあり、ソフィのスリムタイプを入れるのにもぴったりです。

長財布やスマホも入ります。カフェやレストランで席を立つときに「貴重品ひとまとめ」ができます。

コスメ類はこちらのほうの部屋に。中央の仕切りポケットの外側についているポケットには、目薬やコンタクトレンズ、部屋の向こう側にある内ポケットにはお薬や絆創膏を入れています。ただしリップの長さや太さによっては、リップ用のポケットの長さが足りず、やや不安定になるのが小さなストレスです。

このポーチはデカいので、「コスメをそれほど持ち歩かないから大きすぎる」という方もいると思うのですが、コスメ以外のものを入れるのにも適しているので、コスメ類+雑貨類をまとめるのにちょうどよいです。私はこのポーチを使うときは、バッグの中にファスナーを開けた状態で入れ、充電器や文具類をささっと取り出すことが多く、まさにバッグインバッグのように使っています。

まるで枕か弁当箱か!?なでっかいドレッサーポーチ

次は大きさ最高峰!なポーチをご紹介します。正面から見た限りは至って普通のポーチです。

ところが、横から見るとすごいんです!3室タイプです。サイズはヨコ幅20センチ×高さ13センチ×マチ厚み11センチ。真四角なのでデカさ感ばつぐんです。

まず端っこの一室を開けてみましょう。付属のミラーがおさまるポケットと、向かい側には透明ポケット。どちらも細切れにカットされておらず全面タイプなので、ティッシュなどを入れてもいいですね。

真ん中のポケットは厚みがあり、ミニボトル類を入れるのにぴったりです。ポケットは片側だけで、分割されているので、小さなコンパクト類が入れられます。

もう一つのお部屋にはブラシポケットと2つの透明ポケットがついています。このブラシポケットは立ち上がらせることができ、黒いゴムバンドで固定させます。

スペースが3つもあって何を入れようかとワクワクしそうなポーチですよね。機内テーブルに広げてメイクするのにぴったりのポーチだそうです。私も旅行に持って行きたくて買ったのですが、実は一度も使っていません。

なぜなら、機内で降りる前にするメイクはあっさりめなので、こんな大きなポーチに入れるほどのコスメは私には要らないからです。しかも、コスメ類は近くに置いておきたい私にとって、エコノミーの場合、この厚みのあるでっかい真四角のポーチは、座席の隅っこに置くことも座席前のポケットに入れることもできません。出張時のバッグに入れるにしても、この厚みはけっこう存在感があって、ほかの荷物を圧迫してしまうので、やはり使っていません・・・。

ただし、真四角で安定がいいので、滞在中のコスメを収納してスーツケースの中に入れておくのにはよさそうです。自宅での日常コスメ一式を入れてドレッサーがわりに使うのにもよさそうです。

ポーチ5種類の大きさ比較

大きい子たちを並べてみました。左から、ビューラーポケット付きポーチ、ドレッサーポーチ、ポーチバッグ・トラペゾイド。真ん中に置いているドレッサーポーチの厚さ(マチ)が際立っているのがよくわかります。

こちらはポーチバッグ・トラペゾイド(左)とドレッサーポーチ(右)の2つに絞って比べてみた写真です。サイズだけを見ると似た大きさなのかなと思う方がいるかもしれませんが、ドレッサーポーチがドン!と真四角なのに比べポーチバッグ・トラペゾイドは上方が細くなっているフォルムのため、存在感がまるで違います。

コスメ多めの人が持ち歩くポーチとしては、ポーチバッグ・トラペゾイド(上)かビューラーポケット付きポーチ(下)が現実的な選択肢となりそうです。

小さい子たちを並べてみました。左から、ミニマムポーチ、スリムなスペシャリストポーチ、ビューラーポケット付きポーチです。

プラスすると便利な薄型ブラシホルダー

大きなポーチを紹介しておいてナンですが、私が日常的に持ち歩くコスメは、チークとプレストパウダーと口紅くらい。ポーチに入れるのは化粧直し用なので、ブラシ類やペンシル類、マスカラなどを入れることはあまりありません。

普段のポーチのままで一泊するときは、最低限のスキンケア1泊分(パウチ中心・またはシートマスクで代用もOK)+日焼け止め下地(パウチでも現品でもOK・いつも入れてるプレストパウダーでベースメイクは終了とする)+ペンシル類を追加します。ペンシル類を入れるのに便利なのが、ブラシホルダーです。でも、ご立派なブラシホルダーはかさばりますので要りません。

私が使っているのはこれ。アフタヌーンティーのポーチの付属品でした。このホルダーをゲットするためにアフタヌーンティーのポーチを購入しました。裏面はポケットになっているので、化粧品のパウチを入れてもいいですね。お泊り時に重宝しています。

アルティザン&アーティストのポーチを安く買うには?

小さな要望はあれど、他社のポーチに比べると格段に使い勝手がよいアルチザン&アーティストのポーチ。難点は、高価なことです。そこで、お安く買う方法をまとめてみました。公式通販サイトは定価販売が基本で、セールの時期に割引がありますが、全ての商品がというわけではありません。

デパートの実店舗

全ての百貨店で取り扱っているわけではありませんが、お近くの百貨店にアルティザン&アーティストの店舗やブースがあればラッキーかも。デパートのカードを持っていれば優待割引やポイント還元などでお安く買える可能性があります。

Locondo(ロコンド)

ロコンドは楽天にも出店しており、ときどきスーパーDEALの対象となって、正確にいえば割引ではありませんが、大量のポイントバック(例:20%分)が発生することがあります。ロコンド本店でのクーポン対象になっているのは私は見かけたことがありません。

GLADDなどのブランドアウトレット

GRADDやMILLEPORTEなど、いろいろなブランドが一定期間だけ登場するアウトレットサイトがありますよね。アルティザン&アーティストもときどき出店しています(※この期間は本店サイトでも割引を行っているような気がしないでもないです)。定番アイテムが出ていることもあるので、運がよければぐんとお安く買える可能性があります。

ボリードのバッグインバッグにぴったりのポーチが!

ボリード31におすすめ!

少し話がそれますが、エルメスのバッグをお持ちの方には役立つかもしれない情報です。ポケットや仕切りが豊富なわけでもないエルメスのバッグ、インナーバッグをお使いの方も多いのではないでしょうか。実はこれまでご紹介してきた中に、ボリード31のインナーバッグとしてぴったりのものがあります。

それは、手提げつき台形ミニバッグのポーチバッグ・トラペゾイドです。

バッグの中の写真が撮りづらく、写りが悪くて申し訳ないです。けっこうぴったり!入るのですよ。おすすめの使い方は、ポーチのファスナーを開けておき、ポーチ真ん中のファスナー付きポケットには見せたくないものやこまごましたもの、両側の部屋の片方にはお財布類、もう片方にはコスメ類などを入れます。そしてポーチの外側両サイドのオープンポケットにはスマホを入れたりカギを入れたりします。スマホを外ポケットに入れるとバッグの内側の革に当たって傷つくのがいやだという場合は、ポーチの中に入れてもいいですね。エルメスのバッグ専用につくられたインナーポーチも販売されているようですが、私はこのポーチバッグ・トラペゾイドで満足です。

ボリード27には?

ちょっぴり残念なのは、ボリード27とは相性がよくないこと。ポーチバッグ・トラペゾイドはヨコ幅25センチなので、数値上はボリード27にぴったりに思えます。しかし、ポーチの幅があまりにもギリギリすぎることと、ポーチのマチがつぶれて横幅を圧迫するために、入らないことはないのですが、キチキチすぎて窮屈なのです。また、上の写真でわかるように、ポーチ持ち手がちょうどバッグのファスナーあたりまできてしまいます。開閉するときに気をつければ使えますが、サイズそのものの窮屈さ&邪魔な持ち手のダブルストレスで、快適に使えるとはいえません。ボリード31のバッグインバッグとしてのご使用をおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました