目の下のクマ(目袋)を除去したオペやその後をご紹介
スポンサーリンク

キャンメイクのクリーミータッチライナー全10色を比較

-アイメイク

【スウォッチ画像有・コスメ口コミ】キャンメイクのベーシックなブラウンだけは以前買ったことがあって、ファシオと比較したうえで落ちにくいと判断したファシオを愛用していました。でもファシオって色展開がとても少ないんです。ところが2022年夏、キャンメイクの「ダージリンピンク」というかわいい色名に惹かれ、キャンメイクを見てると楽しくなって他の色も全部試したくなって10色を買っちゃいました。色の違いがわかるスウォッチ画像や落ちやすさなどをご紹介します。ファシオ、D-UP(ディーアップ)、デジャヴのペンシルアイライナーとの比較も!

涙袋用アイライナーは2022年夏現在、bbia(ピアー)を愛用してます。

スポンサーリンク

クリーミータッチライナー基本情報

詳しく説明するまでもない人気のアイライナーです。とろけるような描き心地と落ちにくさで口コミもとてもいいですよね。2022年夏時点では全10色が展開されています。私は新色に加わった09番ダージリンピンクという色名に惹かれて他の色にも手を出しちゃいました。10番のココアグレージュが限定色です。

2021年の冬に買った限定のキラキラライナーは私には使いこなせなくてがっかりでしたが・・・

01~06番(左の6本)と07~10番(右の4本)の先端部分の容器の色が違いますよ。2022年夏時点の公式サイト情報によると、右4本の06~10番が新しい容器らしく、01~06は今後順次リニューアルするそうです。

とてもやわらかい1.5mmの超極細芯は一度繰り出すと戻りません。

スポンサーリンク

全10色スウォッチ画像

左から01ディープブラック、02ミディアムブラウン、03ダークブラウン、04ガーネットバーガンディ、05ビターキャラメル、06フォギープラム、07アズキブラウン、08マッチャカーキ、09ダージリンピンク、10ココアグレージュです。実物より画像のほうがちょっと赤く出ている気がします。

ザツな私は、この写真以外にもポキポキとかなり折りました。

キャンメイクとファシオ02・03を比較

ファシオのペンシルアイライナーは2022年夏時点では4色しか展開がなく、ブラック、ブラウン系2色、涙袋向きのキラキラピンクです。私は02のブラウンを愛用しています。キャンメイクの口コミのよさに惹かれて試したことはあるのですが、キャンメイクは細くて濃いので、不器用な私には失敗しやすく、目尻が「結構落ちる」とも感じたので、ファシオ派でした。

ここでは02ブラウンと03バーガンディブラウンのブラウン系2色とキャンメイクを比較します。

キャンメイク一列の下にファシオの02番ブラウン、上にファシオの03番バーガンディブラウンという配置でスウォッチ画像をご紹介します。

横並びのキャンメイクたちの下に横一線で塗っているのはファシオの02番ブラウンです。

キャンメイクの中でファシオ02ブラウンに一番似ているのは02ミディアムブラウンです。03ダークブラウンは赤みが少ないチャコールっぽい冷めたブラウンなので02ミディアムブラウンのほうが似ています。

キャンメイクたちの上に横一線で塗っているのはファシオの03番バーガンディブラウンです。私の肉眼では03番がここまで赤くないのですが、どうやってもこの色出しの画像にしかなりませんでした。

ファシオ03バーガンディブラウンと一番似ていると感じた色はキャンメイクの06フォギープラムです。同じ系統で04ガーネットバーガンディという色もあるのですが、ファシオ03やキャンメイク06よりもちょっぴり赤みが強くて鮮やかに見えます。でも、似ているとはいえる色です。

キャンメイク03とD-UP・ヒロインメイク・旧ファシオ・デジャヴを比較

以前実験していた画像がスマホにあったのでご紹介しておきます。愛用するアイライナーを決めようとして何本か比較していたようです。キャンメイクの03ダークブラウンと比べています。

ずっと以前は「アイライナーは黒であるべきだけどちょっとキツくなるからダークブラウン」という選び方をしていたのですが、この頃には赤味のあるミルクチョコのような茶色が好きになっていました。だからこれより赤みのある02ミディアムブラウンを選ぶはずですが、なぜか03ダークブラウンを選んでいます。

左から、D-UP(ディーアップ)スーパーフィットジェルライナーのピーチブラン(ほんのり赤い絶妙ブラウン)、ヒロインメイクのロングステイ シャープジェルライナー02ダークブラウン、ファシオのパワフルステイジェルライナーBR300(ブラウン)、キャンメイクのクリーミータッチライナー03ダークブラウンです。

それぞれの先端部分はこんな感じ。左から2番目のヒロインメイクと一番右のキャンメイクの芯が細いですね。

4色のスウォッチです。左からD-UP(ディーアップ)スーパーフィットジェルライナーの02ダークブラウン、ファシオのパワフルステイジェルライナーBR300(ブラウン)、キャンメイクのクリーミータッチライナー03ダークブラウン。

ここで突如の新顔登場。わかりにくくてすみませんが、一番右にブルーのホルダーのアイライナーを加えました。この頃愛用していたデジャヴのラスティンファインクリームペンシル(密着アイライナー)のピュアブラウンです。芯の先が楕円だったので、不器用な私には描きやすかったのです。が、「密着アイライナーと謳っているわりには落ちる」と思うようになり、もっとキープ力があって落ちにくいアイライナーを探していて、それが上記の画像に出ているアイライナーたちになります。

ちなみにこのアイシャドウ画像の一番下に横に引いたラインもデジャヴのピュアブラウンです。

これはデジャヴのピュアブラウン(上)とダークブラウン(下)を塗った画像です。

アイシャドウの下に塗っているアイライナーの左がピュアブラウン、右がダークブラウンです。

落ちにくさを検証

オイルクレンジングして水で流すとすっきり落ちました。キャンメイクよりもファシオのほうがしぶといです。下の横一直線がファシオです。

手のひらに試し描きしていたファシオは、オイルクレンジングしてこすってもしぶとかったです。

こちらは別のときに塗って色を見た後でオイルクレンジングで洗った後。両端のタテ線がファシオ、その2本の真ん中に描いていたのがキャンメイクです。キャンメイクは塗ったすぐでなく10分は置いているので、「定着していない」ということはないと思います。総じてファシオのほうが落ちにくいです。

上の状態から20分経過してからオイルクレンジングで各色をくるくるくるとしてから洗い流しました。一番しぶとかったのはファシオでした。ファシオはもう少しクルクルしたら落ちました。でもどの色も水をさっとかけたくらいでは全く落ちませんので、キャンメイクが落ちやすいというわけではありません。

この実験ではちょっと違う結果が出ています。左からD-UP(ディーアップ)スーパーフィットジェルライナーの02ダークブラウン、ファシオのパワフルステイジェルライナーBR300(ブラウン)、キャンメイクのクリーミータッチライナー03ダークブラウン、デジャヴのラスティンファインクリームペンシル(密着アイライナー)のピュアブラウンの5本をまずこすってみました。どれも普通にしぶといですね。

ちょっと水をかけてこするくらいでもなかなか落ちません。

記憶が定かではないのですが、洗顔料あるいはクレンジングを使って洗い流した後と思われます。どれもまあまあ残っていますが、真ん中のファシオよりもその右のキャンメイクのほうが若干ちゃんと残っているようにも見えます。

私がよく使う色

キャンメイクのアイライナーは不器用な私には細くて描きづらいと思っていたのですが、10色を買ったのをきっかけに何度も試用しているうちに、「あれ、細いってイイ!」と感じるようになりました。

上まぶたにはは02ミディアムブラウンを使うことが断然多いです。次点で10ココアグレージュ。濃すぎないので肩の力が抜けた感があります。限定なのがもったいない。

下まぶたにはKATEのダブルラインエキスパートをはじめとするぼんやりした墨色ライナーを使っているのですが、思い切って09のダージリンピンクを塗ってみたら、昭和な囲み目にならずにいい感じに目元がハッキリ。

上まぶたに02ミディアムブラウン+下まぶたのキワに10ココアグレージュもいい感じですが、いかんせん私は不器用なので、10のココアグレージュだとブレたときに汚さが目立つんです。ちょっぴりブレてもキレイな仕上がりに見えるのは09のダージリンピンクです。おそらく色味があってアイシャドウっぽい雰囲気なのでそれはそれでそういうメイクかというふうに見えるので、「アンダーアイライナー太っ」となりにくいのです。

タイトルとURLをコピーしました