体のたるみ 体の黒ずみ

【痩身・美白】美ボディ月間、絶賛開催中!

2020/06/30

顔のアンチエイジングが落ち着いてきて、関心がカラダへと向いてきました。肩から二の腕のあたりの肉や、でっぷりした腰回りが目立っていると、せっかく顔のメンテナンスをしていても台無し。それに気づいてしまうと自信を持って振る舞えないし、鏡の自分を見た時に気分がサガるのが何より嫌でした。

というわけで、最近の私が美容クリニックに通う理由といえば、痩身やボディのホワイトニングがメイン。やるからにはやる!という精神で、いろいろ取り組んでいます。途中経過も多いですが、書いておかないと忘れそうなのでまとめておきます。経過が見えてきたら追記しますし、個別記事にもまとめます!

なお、顔のアンチエイジングがパーフェクトという意味ではなく、オペやハードな施術はしないという私の基準でできることはたいてい済ませている状態を意味します。まあまあ満足もしていますが。

ゆるゆるダイエット

食事を極端に減らすことはしていません。顔の肉を減らさないようにと複数の先生や看護師さんに言われているので、「げっそり」は禁物。健康的なボディをめざして、一人で食べるときは白米を玄米に変え、デザートや炭水化物をゆるやかに控えています。

「ゼロ」をめざさない

私の考え方の基本は、決して「ゼロ」をめざさないこと。100をゼロにするのを目標にすると続きません。100を70や40にしただけでもよしとするべきです。「もともとあんなに大好きで食べていたのを、今日はこんなに減らした私はえらい!」と超ポジティブ思考で自分を許しながら取り組んでいます。

市販の食事を活用

外食は避けられないし、カロリーを計算して料理するのも面倒。置き換えは食の楽しみが本当にないと思うので私には無理です。嫌だなと思うことは続きません。そんな私が食の楽しみという視点とカロリー制限とのバランスを考えたとき、ぎりぎりOKだと判断してときどき取り入れているのが以下です。

  • 冷凍の糖尿病食/忙しくてさぼりたいとき、複数の品目をつくれないときに活用。とても美味しいというわけではありませんが、多品目を食べられるので栄養バランスにすぐれていて、カロリーが明確なので安心です。健康的なコンビニ弁当と思えば上出来。ただし、お米は食べません。
  • スープストック/こちらも冷凍スープを買い置き。主食がないとお腹が持たなさそうなときは、レンジで温めるタイプの小さな小さな玄米パンを用意しておき、ひとつだけいただきます。
  • RF1などのお惣菜系サラダ/少量を複数買って、お米は食べません。ちょっと割高ではありますが、「手を抜きたいけどうどん1杯とかは嫌」というときに、満足感は出ますし、栄養バランスも単品料理よりはよいはずです。

わが家は毎日毎日手づくりディナーではありません。二人とも出張が多く、ワーカホリック系のため、家で揃って夜をいただくことは、よそのお家に比べると少ないです。「つくりたくない」「つくれない」ときはあっさりつくらないので、特に一人で食べるときは上記のようなメニューが登場するというわけです。

サプリメントも!

手軽にできることは迷わず取り入れます。効果のほどがどれくらいあるかはわかりませんが、ファンケルの「カロリミット」と「内脂サポート」を続けています。「サプリメントだけ」に頼るのではなく、サプリメントがちょっとだけでも助けてくれたらいいなという考えです。

ゆるゆるストレッチ

スクワットやダンベルや腹筋を日替わりで実行。「毎日全部やる!」などと思わず、「どれか一つでもやったらえらい」と思うようにしています。同じストレッチを毎日するのはよくないという話もよく読むので(私のストレッチのレベルは毎日やってまずいほどのレベルでもない気がしますが)、「毎日やるのはよくないから今日ダンベルを休んだのは正解」とあくまでも自分をほめてポジティブに続けます。そう、私、おめでたいのです!

キャビスパ360

まるっこいフォルムのキャビスパも見かけたことがあるものの、惹かれませんでした。でもこの長細い新製品を見たとき、「背面にも使えて便利そう!」と直感的に思いました。こういう美容家電系が続いたことはないのですが、キャビスパ360なら続くかもしれないと判断し、買いました。でもキャビスパ360だけで「痩せよう!」と思っているわけではなく、セルライトがきれいになったり、美容クリニックでの施術が追いつかない部分などの手助けになればいいなという気分です。

クールスカルプティング

やっと美容医療好きのブログらしい内容になってきました!前から気になっている脂肪冷却クールスカルプティング(ゼルティック)、通称クルスカをついに体験してきました!8サイクル(8カップ)→左右ペアで考えると4部位です。結果が出るまで数カ月かかるとされているので、詳しい結果報告はもう少しお待ちください。でも、「あ、減ってきた!?」という体感は今もすでにあります!

それから、クルスカはとてもよい施術だと思いますが、ダウンタイムはちゃんとあります。クリニックでお聞きしたかぎりでは、けっこうハードに感じる方もいるようです。

クラツーアルファ

クルスカもやっておきながらアレなのですが・・・。クルスカの成果を感じてきたので、もっとやりたい!と思い、クラツーアルファにしました。だって、クルスカは高いんです。クラツーアルファやクールテックやクリスタルなど、クルスカ以外の脂肪冷却は、クリニックの価格設定にもよりますが、クルスカよりもちょっと安めの場合が多く、その中でも施術時間が短いクラツーアルファを選びました。現時点でクラツーアルファを4カップ完了です。こちらも結果がはっきり見え次第、記事にします。

クールテックディファイン

もっとやりたい!という欲がさらに出てしまい、クールテックディファインも試してみました。いずれ脂肪冷却の記事をまとめようと思いますが、クールテックディファインはクラツーアルファよりもクルスカに近い感覚でした。

脂肪溶解注射

ボディの一部にはメソセラピーも取り入れています。打ったその日からガンガン腫れて内出血する、ダウンタイム激しめのタイプです。リピしていますが、ダウンタイムとダウンタイムの合間に打っていて、ダウンタイム終了→即注入→またダウンタイムという状態で、つねにダウンタイム中。つまり、いつも腫れています。そのため、どれだけ細くなったのかは今は申し上げられません。

ただし、このダウンタイムを体験すると、BNLSなんてお子さまランチだったのねということがよくわかりました。あれだけ打っても効果がわからなかったわけです。

カベリン(余談)

正確にはボディではなくアゴにですが、カベリンを打っています。こちらもちゃんと検証してから記事にしますが、悪くないです。お子さまランチなBNLSやBNLS neoはもうきっぱり卒業。カベリンを続けてみます。

インティマレーザー

また始めました!乳輪とデリケートゾーンもです。このレーザーはやればやるだけ結果が見えてきます。黒ずみが白くなる度合いはレーザートーニングよりも大きいです。その分、高価で痛みとダウンタイムもあります。対応可能な部位も多少異なるので、使い分けが必要です。

レーザートーニング

肘・脇・首の黒ずみはレーザートーニングで対処。デリケートゾーンもインティマレーザーに加えてレーザートーニングも取り入れてケアしています。肘は長らくトーニングをお休みしていたのですが、脇も始めたのでついでに再開しました。首はホクロやイボを一掃したらうっすらとした色素沈着が気になり始めたので、脇などと一緒に一気に美白ケアに突入しています。同時にハイドロキノンも塗布しています。

首イボ除去

大きなホクロと赤いイボをレーザーで取ったお話を過去にもアップしていますが、群生していた首イボもまるっと取っています。撮影はしているので、記事にする予定です。

スポンサーリンク

-体のたるみ, 体の黒ずみ

このサイトにはGoogleやGoogleのパートナーウェブサイト(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しています。Cookieを使用し、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトを含めた過去のアクセス情報(氏名・住所・メール アドレス・電話番号は含まれません)に基づいて配信する場合があります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法は、次のURLをご覧下さい。https://www.google.co.jp/policies/technologies/ads/